結婚指輪はいつ買う?いつから着ける?購入スケジュール

結婚指輪はいつ買う?いつから着ける?購入スケジュール

結婚指輪は婚姻関係を結んでいる証のひとつ。生涯付き合っていくものであるともいえます。

男性も女性も、お互いの好みなども含め、納得のいく結婚指輪を購入したいですよね。

今回は、「結婚指輪の購入時期」「結婚指輪はいつから着けたらいいか」について、結婚式をする・しない(入籍のみ)の2パターンで解説していきます。

マイナビウエディングジュエリーフェア

結婚指輪はいつ買うべき?先輩花嫁の購入時期

結婚指輪

結婚式の準備で追われている中で、「結婚指輪はいつ買うべき?」と気にしている花嫁も多いはず。

ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べによると、結婚指輪の購入決定時期で最も割合が多かったのが、挙式の半年前。

続いて3ヶ月前や5ヶ月前など、比較的時間に余裕を持って結婚指輪を購入している人が多いようです。

いつまでに結婚指輪が必要になる?逆算して購入しよう

  • 結婚式当日までに必要(指輪交換を行う)
  • 結婚式の前撮りで、結婚指輪を撮影してほしい
  • 結納や両家顔合わせの日に、親族にお披露目したい
  • 入籍日から結婚指輪を着けたい

など、「結婚指輪が必要になるタイミング」から逆算して購入スケジュールを立ててみましょう。

半年前~3ヶ月前までに!早めに買って損なし!

結婚指輪は既製品でも、購入日当日に持って帰れるとは限りません。

運よくぴったりサイズの在庫があれば即日で持ち帰りができますが、そうでなければ最低でも1ヶ月は余裕を持っておくべきです。オーダーなら3ヶ月の納期を覚悟しておいて。

「結婚式に指輪が間に合わなかった!」なんてことがないよう、結婚指輪のリサーチはなるべく早くに始め、必要になる日の半年前~3ヶ月前を目安に結婚指輪を購入しておくといいでしょう。

挙式3~4ヶ月前になると、ウェディングプランナーとの打ち合わせが本格化し、手作りアイテムの制作に追われるなど一気に忙しくなります。

焦って結婚指輪を購入して、デザインに妥協するなんてことがないように注意してくださいね。

Ranking
結婚指輪人気ブランドはこちら↓↓

結婚指輪ランキング

結婚式をしない場合は?入籍のみカップルの結婚指輪を買うタイミング

サインするカップル

ナシ婚で入籍のみのカップルは、結婚指輪を買うタイミングが無いかもしれませんね。

いつから結婚指輪をつけたいのか?という日にちを決めて、その日の3ヶ月前を目安に買いに行ってみましょう!

  • 婚約指輪と一緒に
  • 入籍日
  • 同居し始めた日
  • 二人の記念日
  • 夫婦どちらかの誕生日
  • フォトウェディングの撮影日
  • 新婚旅行

など、何かの節目の日があれば、ナシ婚でも「結婚したんだな…」という実感が持てるはず!

もちろん入籍後に結婚指輪を買ってもOK!引越しや名義変更手続きなど、バタバタが落ち着いてからじっくり選ぶのもいいですね。

これで完璧!結婚指輪の購入スケジュール

【1】理想の指輪探し
結婚指輪のリサーチ開始!ネットや雑誌などで調べ、理想のデザインや目当てのブランドをざっくり決めておきます。

【2】ショップに来店
ジュエリーショップに来店して、試着。必ず事前に来店予約をしましょう!

【3】注文、支払い
結婚指輪の支払いのタイミングは注文時。内金として一部のみ支払うか、全額かはショップにより異なります。

【4】フィッティング※オーダーの場合
オーダーメイドで結婚指輪を作る場合は、納品前の確認があります。

【5】納品(指輪受け取り)
注文から1ヶ月~3ヶ月ほどで、結婚指輪が納品されます。

【6】購入後のアフターサービス
クリーニングやサイズ直し、磨き上げ加工など、定期的にアフターサービスを利用しましょう

結婚指輪の購入は、来店予約が絶対お得!

結婚指輪の下見や購入する際は、事前に来店予約をしておくことをオススメします。

もちろん来店予約をせずに、いきなりショップに入っても指輪の購入は可能ですが、混雑していれば店員さんに対応をしてもらうことができません。

あらかじめ希望の日時で予約をしておけば、待ち時間なく対応してもらえるだけでなく、他の人を気にせずじっくりと指輪選びができます。

また来店予約をしてから指輪購入をすれば、ギフト券がもらえるなどの豪華特典が付くのは、もはや賢い花嫁の中では常識!

予約をするのとしないのとでは、大違いですよ。

来店予約でおトクな特典!
↓マイナビウェディングで指輪探し↓

マイナビウエディングジュエリーフェア

結婚指輪の納期はどのぐらいかかるの?

指輪の修繕

結婚指輪の納期は、ジュエリーショップやデザインによって大きく違いますが、確認したいのは購入方法。

  • 既製品(サイズ直し程度)
  • セミオーダーメイド
  • フルオーダーメイド

それぞれで結婚指輪の納期が違ってきます。参考までに、結婚指輪は既製品を購入するカップルが過半数(57.8%)。

続いてセミオーダーが27.1%、フルオーダーの結婚指輪は9.1%のみ。また少数派ですが、結婚指輪を手作りするカップルもいます。※

※ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ(首都圏)

【既製品】即日持ち帰り~納期1ヶ月

ジュエリーショップに結婚指輪を買いに行って、ぴったりのリングサイズのもので在庫があれば、購入日当日に持ち帰ることができます。

ただ、指輪に名前や日付など刻印をしたり、サイズ直しが必要だったりする場合は、2週間以上かかると納期を見積もっておきましょう。

さらにクリスマスシーズンなど、ギフト需要の繁忙期にあたると、1ヵ月以上かかることもあります。既製品とはいえ、納期に気をつけて早めに準備をしてくださいね。

刻印を希望する場合は、前もって2人で話し合って「どんな文字を入れるか」決めておくと、よりスムーズな注文ができますよ。

【セミオーダーメイド】納期1~2ヵ月

既製品の結婚指輪に、少しだけ二人のオリジナリティをプラスできるのが、セミオーダーメイドです。

ベースとなる指輪のデザインは決まっていて、リング幅や素材、宝石の有無などをカスタムできるショップが多いですよ。

セミオーダーの結婚指輪の納期の目安は、1~2ヵ月程度。

当然ですが、アレンジが多くなるほど納期が長くなります。結婚指輪を必要とする日までに出来上がるかどうか、必ず確認してくださいね。

【フルオーダーメイド】納期2~3ヶ月

フルオーダーメイドの結婚指輪は、リングの形状や素材、宝石の種類、セッティング方法など、2人の結婚指輪のイメージを伝え、オリジナルのデザイン画から作成してもらいます。

デザイナーとの打ち合わせ、デザイン起こし、フィッティングなど、工程が多くなるので納期は2~3ヶ月といったところ。

人気ブランドやデザインによっては、納期まで3ヵ月以上かかることもあります。

結婚指輪の支払いは男性がするもの?ワリカン?

「婚約指輪はプロポーズの時に彼からプレゼントされたけど、結婚指輪はどちらが買うの?」

女性としては気になる点ですよね。

婚活サイト「キャリ婚」が行ったアンケート調査によると、「結婚指輪は夫婦のどちらが買っても良い」と思っているカップルが過半数を超えていることがわかりました。

結婚指輪は男女どちらが贈るべきだと思いますか?(婚活サイト「キャリ婚」プレスリリース)

結婚指輪は必ずしも男性から女性へ贈らなくてはならない、というルールや常識はありません。

夫婦で見に着けるペアリングですから、お互いの分を購入し合ったり、割り勘にしたりするのもよくある手段です。互いを思いやって購入をしてくださいね。

【関連記事】こちらもCheck!

安い時期の購入や、ブライダルフェアの活用で費用を節約しよう!

結婚指輪の平均購入金額は、2人分で24.8万円。(ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ 首都圏版)

結婚式費用や新居への引っ越し、新婚旅行などで出費がかさむ時期に、少しでも安く抑えたいという場合は、安く購入できる時期を狙いましょう!

ねらい目は百貨店やショッピングモールが定期的に行っている、10%オフキャンペーンの時!所定のクレジットカードを持っていれば、購入金額から10%割引されますよ。

また各ジュエリーショップが独自で行っているブライダルフェアにも注目を!ギフト券やリングピローのプレゼントなど、大きな特典を得られます。

来店予約でおトクな特典!
↓マイナビウェディングで指輪探し↓

マイナビウエディングジュエリーフェア

結婚指輪はいつから着ける?

結婚指輪

結婚指輪を着け始めるタイミングは、カップルによって様々。迷ったら次のようなタイミングで考えてみましょう。

結婚指輪の購入直後から
指輪を出来上がりを楽しみにしていたカップルは、見に着けずに保管しておくなんてできませんよね!
受け取ったらすぐに着けて帰りましょう!お店の人に記念撮影をしてもらって。

入籍日から
入籍日に結婚指輪を見に着ければ、家族になった実感がグッと増すはず。入籍のみのカップルはこのタイミングが多数派です。

結婚式の指輪交換から
購入後は飾っておいて、結婚式当日までじっと我慢!
指輪交換の儀式の後から見に着ければ、神聖な気持ちになれそう。結婚式がよりいっそう特別な一日になるでしょう。

婚約期間中(入籍前)でも結婚指輪を着けてOK

結婚指輪を着けるタイミングにマナーはありません。入籍前の段階で見に着けてもOKですよ。

結納や、両家顔合わせ食事会に間に合うように購入しておいて、当日にお披露目するのもオススメです。

結婚指輪が結婚式に間に合わない…。指輪交換はどうなる?

指輪をはめる新郎新婦

招待客のリストアップやペーパーアイテムの手作り、結婚式の前撮りなど、とにかく忙しいのが結婚準備。

結婚指輪を買いに行くのが遅れてしまい、納期が挙式後だった…。なんて失敗があったら、どうしたらいいでしょうか?

まず指輪交換は、仮の結婚指輪で行うことになります。

式場によっては、当日指輪を忘れてしまったカップル向けに指輪のレンタルを行っています。借りるように手配しましょう。

もしくは指輪交換をしない、他の演出にするというアイデアもありますよ。詳しくはこちらで解説中↓↓

【関連記事】こちらもCheck!

まとめ

  • 結婚指輪は、挙式半年前~3ヶ月前を目安に購入しよう
  • 既製品を購入する場合でも、納期は1ヵ月以上かかると思っておこう
  • ジュエリーショップめぐりをする際は必ず来店予約をしよう
  • 結婚指輪を着け始めるタイミングに決まりはない
  • 指輪購入日、入籍日、結婚式当日など、何かの節目の日から結婚指輪を見に着けよう

結婚指輪は2人を結ぶ愛の証です。お互いにとってベストなタイミングを見極め、悔いのないものを選びましょう。

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】