海外版席次表「シーティングチャート」がアツい!デザインアイデアまとめ

海外版席次表「シーティングチャート」がアツい!デザインアイデアまとめ

シーティングチャートとは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BEYOND THE DECOR(@beyondthedecor.co)がシェアした投稿

今おしゃれ花嫁さんの間で注目を集めているシーティングチャート。

シーティングチャートとは、大きく貼り出すスタイルの海外版席次表です。

ゲストには貼り出したボードの中から、自分の名前を探してもらって、テーブルナンバーを確認してもらうというアイテムです。

少人数婚なら、座席の確認もらくちん♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Daniela Bruno(@detailsbydaniela)がシェアした投稿

ボードを招待客全員で見るシーティングチャートは、少人数婚向きのウェディングアイテムです。

ゲスト数が少ないほうが、スムーズに名前を見つけられますね。

ウェルカムボードと兼用すればコスパも抜群!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Signage, Stationery & Neons(@sketchandetchcreative)がシェアした投稿

ウェルカムボードもシーティングチャートも、基本大きめサイズでつくるので、新郎新婦がdiyする場合でも数千円かかります。

でもこの2つを兼用してしまえば、製作の手間もコストも削減できて一石二鳥◎

テーブルごとに印刷して、簡単おしゃれを実現!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

baylee jutting | calligrapher(@tinycraftsbybay)がシェアした投稿

大きなボードにまとめて書くのがシーティングチャートの基本形ですが、テーブルごとにピースを印刷して貼り付けてもOK。

自宅やコンビニで印刷した用紙を貼るだけなので、難しいことは一切ありません。

シーリングスタンプで留めるのが可愛い♪

アクリルにペイントをプラスするだけで、いっきに個性的に

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TARA | tscalligraphy(@tscalligraphy)がシェアした投稿

最近はアクリルを使ったウェディングアイテムが人気ですよね♪

文字入れしただけのシンプルデザインも素敵ですが、後ろにペイントをプラスするだけでもグンとおしゃれになります。

文字も読みやすくなって、ゲストにも喜ばれそう!

大人っぽさを演出するなら、ミラーを使うのが一番!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Modern Calligraphy & Signage(@boardsbyjess)がシェアした投稿

ベースの素材が違うだけで、シーティングチャート全体のはガラッと変わります。

鏡を使うと、シックで上品な雰囲気に。

ポイントは、デコラティブで高級感あるフレームを使うこと!

エスコートカードと一体化させるのもOK

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marina Claire(@marinaclaire)がシェアした投稿

エスコートカードをテーブル順に並べて、シーティングチャートと一体化させるのも素敵!

自分の席を探すワクワク感も楽しめますね。

カードの形をペンタゴン(六角形)にしても面白そう♪

黒板はシンプルに、かっこよくまとめて

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ARTIST | SIGNAGE(@ink_and_snow)がシェアした投稿

モノクロのシンプルデザインで、クールさを演出するのが正解!

フォントのおしゃれさが際立ちます。

結婚式のテーマに合わせて、チョークアートをプラスしても楽しそう♪

シンプルなデザインに、グリーンをプラスして

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Custom Wedding Invitations(@maddielaidigdesigns)がシェアした投稿

フォントや配色がシンプルなデザインも、フェイクグリーンを飾るだけでガーデンな雰囲気に。

気取らないナチュラルさは、アットホームな家族婚やガーデンウェディングに丁度よさそうです。

インパクト大!ボードの形で個性を表現

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

California Wedding Planner(@joyandesigns)がシェアした投稿

サーフボード型のウェルカムボード兼シーティングチャートなんて、とってもユニーク!

四角形以外の形にするだけで、ゲストの記憶に残るアイテムに早変わりです。

さりげなくお花を添えて、結婚式らしさを演出してみて。

紐から下げて、ガーランド風に

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

n o e l l e d e s i g n s(@noelledesigns_)がシェアした投稿

ピンなどでかっちり留めず、ガーランド風に下げるだけのアレンジ。

木製ボードのナチュラルさと、紐で留めるラフさが丁度よくマッチしています。

ガーデンウェディングに取り入れたら、ゲストも「おしゃれで素敵!」と言ってくれそう。

席札の用意は忘れないで

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Deborah Mintcheff(@theartfulpen)がシェアした投稿

席次表なしにしてシーティングチャートを取り入れる場合も、席札は準備しましょう。

席札があれば、ゲストはテーブルのどこに座ればいいか分かって、スムーズに着席できますよ。

シーティングチャートと席札のデザインをリンクさせるのも◎

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2021年】