結婚式をしたくない彼を説得するための交渉術

結婚式をしたくない彼を説得するための交渉術

結婚=挙式と思っている花嫁さんは多いでしょう。

ウェディングドレスに小さい頃から憧れてきたし、みんなにお祝いしてほしい!と思っている彼女に対し、「挙式したくない、入籍だけで良い」という彼の反応に戸惑うことも。

今回は、挙式をしたくない彼に働きかけをする方法を考えていきます。

目標は、2人が納得できる落とし所を見つけること

結婚には、挙式がつきものだと思い、花嫁衣装に憧れを持っている女性は本当に多いのが現実です。

しかし、男性は挙式にそれほどの憧れを持っておらず、お金や手間がかかるところに目がいっていることがあります。

挙式をする、しないは二人の価値観のすれ違いが明らかになりやすいところです。場合によっては、大げんかになってしまったり、お別れしてしまうこともあるのです。

せっかく縁あって結婚しようという二人ですから、結婚式で揉めるのは残念ですね。

結局、「絶対挙式をしたくない」という彼と、自分の思う通りの挙式をしたいあなたとは、正面からぶつかっても解決は難しく、お互いに譲歩が必要になります。

完全に自分の思う通りの挙式をすることが目標ではなく、お互いの落とし所を見つけることを目標にしましょう。

まずは自分が妥協できる線を決めておくことです。

彼がなぜ挙式をしたがらないのか丁寧に理由を聞いた上で、あなたなりに譲歩した案を出し、彼を説得していきましょう。

1.彼が挙式をしたくない理由を探る

彼が挙式を嫌がる理由は何ですか?よくある理由としては、以下の5つが挙げられます。

  • お金がない
  • 面倒くさい
  • 親戚との付き合いがない
  • 家庭環境が複雑
  • 友達がいない

そんな理由で?と思うかもしれませんが、5つのうち後半3つは、「男のプライド」を傷つけるものばかりです。

結婚式は、本人の生育歴や、交友関係、家庭環境などに光が当たりやすいものです。みんなの前で、気まずい思いをするのが嫌だということなのです。

一方、本当にお金がない、面倒くさいだけであれば、説得はまだ簡単な方かもしれません。

2.挙式したくない理由を解消する

彼の挙式をしたくない理由がわかったら、解決していきましょう。

お金がない

費用の少ない挙式を計画しましょう。また、挙式費用をあなたが出してしまうというのも一つの手です。

お互いの両親に出してもらうというのも方法としてはあるのですが、その後揉めてしまうこともあります。

彼は一銭も出さないと言い張る場合、格安の挙式を自分で計画してしまい、彼は当日に付き合ってもらうだけにするという方法があります。

面倒くさい

ドレス選びや打ち合わせなど、全て彼女が担当するというのはいかがでしょうか。ちょっと寂しいかもしれませんが、手間を軽減する以上仕方ないとも言えます。

準備さえしてくれて、当日は出てくれるのであれば、打ち合わせに参加しないというのはギリギリ妥協できる線かもしれません。衣装合わせだけ、来てもらったら十分です。

親戚との付き合いがない

なんらかの理由で結婚式に呼ぶ親戚がいないので、気まずい思いをするから嫌だという意見の場合。

あなたにできることは、自分側の親戚の呼ぶ数を厳選することです。

海外挙式にして、両親だけ呼ぶというのでもいいでしょう。自分側の親戚に彼を紹介する場は、また別に設けるという形にもできます。

家庭環境が複雑

海外挙式や、小さな式にして、披露宴でのプロフィールビデオなども流さないなど、家庭環境があまり良くなかったことが前面に出ないように配慮できます。

友達がいない

友人を呼ばない式にするか、二人だけの結婚式はいかがでしょうか。

お互いの家族だけを招いて、フォトウェディングと会食のプランもおすすめです。

3.彼が譲るべき理由を主張する

彼が強情で、あなたが妥協してもどうしても挙式したくないと言い張ったとしましょう。

あなたが譲れるだけ譲ったら、彼も譲るべきなのです。

挙式に憧れを持って育ってきた人の夢を、自分のためだけに踏みにじるというのは、あまりにもひどいのではありませんか?

彼がもし聞き入れてくれないのであれば、冷静に自分ができることはした、あなたのことは最大限に考えたということを主張しましょう。

この際、決して怒ってはいけません。

結婚生活を送る上で、似たようなことはいくらでもあるでしょう。「あなたのことは私なりに十分に考慮した。本当に愛情があるのなら、ここはあなたも譲るべきだ」と主張することで、彼の考えも変わるかもしれません。

あなたのことを本当に愛しているのなら、彼も考えるはずです。

交渉の際は、決して泣いてはいけませんし、怒ってもダメです。女性が泣くのを見ると、男性は話を止めてしまいます。あくまで真剣に、淡々と進めましょう。

一度決まったらお互いに文句は封印!

もしかしたら、思っていたような挙式はできないかもしれません。

本当は国内で、友人もいっぱい呼びたかったのに、海外挙式で小さい式をしたということも、あり得るかもしれません。

ただ彼は、彼のことを十分に考えてくれたあなたにずっと感謝するはずです。

また両親が「地元で大きい式をしたかったのに」と残念がることも十分あり得ます。

娘の晴れ姿をみなさんにお披露目したかった、というのは親心として仕方ないことかもしれません。

あなたは、両親と一緒に彼を批判するのではなく、二人で話し合った結果を尊重してくれるように理解を求めましょう。

結婚式は、結婚生活のスタートラインです。結婚式の後、二人が仲良く暮らせることを重視して、彼との話し合いを頑張りましょう!

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】