【花嫁美容】美肌花嫁は気をつけていた!?栄養の基本

【花嫁美容】美肌花嫁は気をつけていた!?栄養の基本

酵素・発酵食品・乳製品…、美しさやダイエットのための食べものが紹介されますね。

情報が多い分、本当はなにが必要なの?と、迷ってしまいますよね。

エステティシャンやモデルさんなどの話によると、実はベーシックな栄養に気をつけているようです。

今回は、花嫁美容のインナーケア「栄養素」についてご紹介します。

三大栄養素「糖質・たんぱく質・脂質」

糖質(炭水化物)

三大栄養素(糖質)

炭水化物は、体と脳のガソリンとなる重要な栄養素です。

ただし糖質をとりすぎると、体で使われずに余ってしまい、中性脂肪となってしまいます。

米やパンなどの穀類、果物、牛乳、豆、芋に含まれています。

たんぱく質

三大栄養素(たんぱく質)

たんぱく質は、体を作る栄養分です。具体的には、筋肉や髪の毛、爪、免疫細胞を作る役目があります。

魚、肉、卵、乳製品、豆・豆製品などのほか、パンやお菓子の材料でもある小麦粉、お米にも含まれています。

脂質

三大栄養素(脂質)

脂質は、体や脳のエネルギー源であるほか、ビタミンの運び屋の役割がある栄養素です。

お肌の保湿や、体温維持のために必ず必要な栄養素ですが、取りすぎれば、脂肪となり身体に蓄えられてしまいます。

肉や魚、くるみなどのナッツ類、オリーブオイル、キャノーラオイル、アボカドなどにも豊富に含まれています。

【関連記事】こちらもCheck!

五大栄養素「三大栄養素」+「ビタミン・ミネラル」

三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂肪)に、ビタミン・ミネラルをくわえたものが、五大栄養素になります。

挙式前には肌の新陳代謝や潤いに大切なビタミン・ミネラルの多い食材を積極的に取りたいですね。

ビタミン

五大栄養素(ビタミン)

ビタミンには、栄養の吸収をサポートし、新陳代謝をよくする働きがあります。また、皮膚や血管などの健康を保つ役割があります。

美肌に欠かせないビタミンB群やビタミンCは、「水溶性ビタミン」といい、たくさん摂取しても尿として体外に排出されてしまいます。こまめに摂取するといいでしょう。

野菜、果物、豆・豆製品、ナッツ類、肉類、魚介類、乳製品、に多く含まれています。

ミネラル

五大栄養素(ミネラル)

ミネラル(カルシウム・鉄分・銅・マグネシウム)は、栄養の吸収をサポートしてくれる栄養素です。

野菜・果物・海草・きのこ、骨、乳製品、肉類、魚介類、に多いです。

ミネラルのなかでも鉄分は、酸素を運ぶ赤血球をつくります。新陳代謝をよくし、冷え性対策にかかせません。

血液の流れが滞ると、肌に栄養が補給されず、肌荒れしやすくなります。

食物繊維・ビタミン・カルシウムや鉄分などのミネラルが豊富な、ゴマも美肌にいいと人気です。

第六・七の栄養素?「食物繊維・ファイトケミカル」

カラダからいらないものを出すのに大切な、「食物繊維・ファイトケミカル」。

五大栄養素にくわえて、第六・七の栄養素ともいわれるほど注目されています。

毒やいらないものを腸から押し出すのに役立つ食物繊維、活性酸素といわれる体のさびの働きをおさえるファイトケミカルは、カラダの掃除屋さんのような存在です。

カラダの中からいらないものはすっきりさせて、挙式までに吹き出物のないお肌に整えましょう!

食物繊維

五大栄養素(ミネラル)

第6の栄養素と呼ばれている食物繊維は、いらないものを腸から押し出すのに役立つ栄養素です。余計な糖や脂肪の吸収を抑えます。

豆類や海藻に多く含まれます。

ファイトケミカル

五大栄養素(ファイトケミカル)

第7の栄養素とも言われるファイトケミカルには、抗酸化作用があります。カラダをサビつかせる活性酸素の働きを抑えます。

緑茶(カロチン)、ブルーベリーやラズベリー・アメリカンチェリー(アントシアニン)、大豆(イソフラボン)、カカオマス、赤ワイン(ポリフェノール)、トマト(リコピン)、ゴマ(セサミン)など。

挙式前に摂りたい!肌が潤う食べ物は?

28日ごとにターンオーバーを繰り返すお肌は、毎日食べるものからできています。

美肌をつくるものを食べて、自分史最高の美しさで挙式を迎えましょう!

オススメなのが、鶏肉と大豆製品

鶏肉と大豆製品

ダイエット中に甘いものが食べたくなるってことはありませんか?たんぱく質が足りないと、手っ取り早くエネルギーになる、甘いもの・炭水化物が食べたくなってしまいます。

肌・爪・髪のもととなる、たんぱく質。たんぱく質では、カロリーの低い鶏肉や納豆や豆腐などの大豆がおすすめです。

コラーゲンをとると、肌の水分量がUP!?

焼き魚

タンパク質の1つである、コラーゲン。食事で摂取したコラーゲンはお腹でアミノ酸に分解され、体のいろいろな部分に運ばれます。

コラーゲンを摂取したからといって、必ずしもお肌のためにはならない、とも言えます。

ただ、アミノ酸に分解される過程で生成される「コラーゲンペプチド」であれば、皮膚に届くこともわかってきました。

コラーゲンは、しらす、ちりめん、鳥の軟骨、うなぎ、手羽先、塩サケの皮などに豊富に含まれています。

お肌のターンオーバーを助ける、緑黄色野菜、フルーツ

フルーツと野菜

「ビタミン」は野菜やフルーツ、に含まれます。「カロチン」は、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜、のり、抹茶などに含まれます。

特にカロリーが全体に低い緑黄色野菜は、挙式前に多くとりたいですね。

  • ビタミンB群&C …たんぱく質が、コラーゲンになるのを助けます
  • カロチン …強い抗酸化作用があります。美肌・シミ・シワの予防やニキビ対策に

グリーンスムージー

野菜やフルーツを手軽に取れる、グリーンスムージー。

最初は、野菜少なめ、フルーツ多めで美味しくつくるのがいいかもしれません。苦い葉ではじめた私は、かなり挫折しました・・・。

最近ではフローズン野菜やフルーツが自宅に届く、手作りスムージーのサブスクリプションサービスも人気です。

GREEN SPOON
花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】