【花嫁美容】挙式までにやりたいインナーケア!体にいい油について

【花嫁美容】挙式までにやりたいインナーケア!体にいい油について

EPA・DHAなどのフィッシュオイルは、健康や頭にいいと知られていますが、それだけでなく女性ホルモンの質を高め、美肌づくりをサポートします。

美容に良いオイルで、挙式当日をツヤツヤ美肌で迎えよう!

花嫁のインナーケアにおすすめ!体に良い油とは?

サラダ

女性ホルモンをUP! オメガ3

質のよいオイルは美肌にはかかせません。女性を美しくする女性ホルモンの原料も、脂質です。

中でも、くるみ、アジや秋刀魚、サバやいわしなどの青魚に含まれるEPA、DHAなど「オメガ3」と呼ばれるオイルは、女性ホルモンの質よくすると言われています。

さしみやカルパッチョなど、新鮮な魚を生で食べると、酸化しやすいオメガ3をいい状態でとれます。

亜麻仁油・エゴマ油・シソ油

ヨーロッパで人気の亜麻仁油(フラックス・オイル)をはじめ、エゴマ油(シソ油)・くる み・マカダミアナッツなど、植物のオメガ3も含めてとるのがおすすめ。

オイルは、サラダや、炒めもの、煮物、ヨーグルトにかけて手軽に取れます。

熱や酸化に弱いので、仕上げにさっとかけましょう。

ヘンプオイル

麻の実から採れる「ヘンプオイル」。オメガ3のほか、アトピーやアレルギー対策など美肌・美容効果に注目のガンマリノレン酸を含み、美肌にいいと言われます。

やはり酸化しやすいで生のままがおすすめ。ノンオイルのドレッシングに加えても美味しいです。

体に良くない油!?トランス脂肪酸とは?

マーガリン、マヨネーズ、コーヒークリーム、ショートニング、スナック菓子などに入っているトランス脂肪酸。

トランス脂肪酸の多いものを食べてしまって肌荒れに・・・ブライダルエステの仕上がりにも差がついてきます。ついつい食べてしまうトランス脂肪酸に注意してみましょう。

体への悪影響

トランス脂肪酸は、植物油からマーガリンを製造する工程などで生じる油です。

トランス脂肪酸を多く含む食べ物を食べすぎると、健康にはよくないとされています。

心筋梗塞などの冠動脈疾患への影響のほか、アトピー性皮膚炎やじんましんなどのアレルギー性疾患、肥満症などへの関連性が認められています。

トランス脂肪酸の多い食べもの

  • マーガリン
  • コーヒークリーム
  • ショートニング
  • スナック菓子
  • 洋菓子

アメリカ・ヨーロッパでは、規制も

ドイツ・オランダ・デンマークではトランス脂肪酸は含有量などの規制がすすんでいます。アメリカでは、トランス脂肪酸の量の表示が必要です。

トランス脂肪酸の多い食品には、肝臓に負担をかける保存料もたくさん入っています。

時間がたった揚げ物など酸化した油も、内臓の負担になり、当然お肌にもよくないので、過剰摂取はやめたほうがいいでしょう。

お菓子好きは要注意!

仕事中に、甘いものをついつい食べてしまう人は要注意!

ケーキ、クッキー、パイなどの洋菓子のお菓子の裏側の成分表をみてみましょう。

マーガリンやショートニングとそのまま書いてあるものもあれば、植物油脂と書いてあるものに含まれるときもあります。

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】