ブライダルフェアは誰と行く?ひとり参加や、友人母親ともOK?

ブライダルフェアは誰と行く?ひとり参加や、友人母親ともOK?

ブライダルフェアに参加したいけど、彼・彼女は仕事で忙しそう…でも会場探しは進めないと…とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

結婚式の希望の日程がある程度決まっている場合は、焦る気持ちもあるでしょう。

そこで今回は、ブライダルフェアにひとりで参加しても良いの?と、お悩みの方に参考にして頂きたい内容をまとめました。

ブライダルフェアに一人で参加は可能?やっぱり二人で行く人が多い?

ブライダルフェアの持ち物

ブライダルフェアは、新郎新婦の二人で参加される方が多いですが、必ずしも二人で参加しなければならないという決まりはありません。

おひとりさま参加も、もちろんOK!

元プランナーである筆者も、おひとりで参加された方の接客経験がありますので、さほど珍しいことではありませんよ。

また結婚相手だけではなく、お友達やご両親と参加するのも問題ありません。(ご両親と参加される場合は、母親と参加の方が多いように思います)もちろん子連れでの参加もOKです!

男性の1人参加も可能?

ブライダルフェアでは、もちろん男性の1人参加も可能!ほとんどの会場で歓迎しています。

新婦さまがお仕事などで忙しかったり、妊娠中などで身動きがとりづらかったりという理由でで、新郎さま1人でブライダルフェアに参加されることもあるでしょう。

ただブライダルフェアに1人で行く事は、事前にウェディングプランナーに伝えておくことをおすすめします。

男性の1人参加に配慮し、より気軽に話し合えるよう、男性のプランナーが案内してくれる会場もあるんです。

ちなみに会場によっては、同業者の偵察を懸念し、男性一人での参加を遠慮してほしいと決めている事も…。

そのため、男性一人でのブライダルフェア参加の場合、会場側に事前に相談してみましょう!

ブライダルフェア 1人参加のメリット、デメリット

結婚式の見積もり

パートナーが忙しい場合などで、ブライダルフェアに1人で参加する場合のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

1人で参加することのメリットは、ウェディングプランナーとじっくり話ができることです。

1人参加の方は緊張されていることも多いので、会場側では2人参加の方よりも、より一層気をかけて対応することが多いです。

また自分のペースで会場を見学できたり、気になるポイントを写真に残したり、自由に行動できることも1人参加のメリットです。

デメリット

1人で参加する場合のデメリットは、感想を共有できないところにあります。

たとえば試着会で気に入ったドレスを着てみても、パートナーと共感できず、少し寂しい思いをすることもあるでしょう。

模擬挙式の感動や、試食の味に対しての感想が共有できないこともデメリットといえますね。

この他にも1人参加では、会場を即決できない事が多く、当日成約特典やお得なサービスなどを逃してしまうこともあります。

1人でブライダルフェアに行くときの注意点

考えるカップル

さまざまな理由から1人でブライダルフェアに参加する場合、彼(彼女)と一緒に事前準備を進めておくことが重要!

ぜひ事前にパートナーと話し合いを進めておきましょう。

1)パートナーの、式場選びで譲れないポイント

1人で参加する場合、パートナーの譲れないポイントを把握しておくことが大切です。

結婚式は新郎新婦にとって大切なイベントです。お互いが納得いく会場を選ばなければ意味がありません。

いくら結婚式に興味がないと言われていても、事前に話し合うようにしましょう。

例)
費用は絶対350万円以内におさめたい
・ゲストハウスなど、カジュアルな感じがいい
・着たい衣装や、取り入れたい演出がある

2)必ずチェックして欲しいこと、確認して欲しい質問

パートナーもきっと一緒にブライダルフェアに参加したいはず。しかし、さまざまな事情から一緒に参加が叶わず、心苦しい思いをされていることと思います。

フェアで必ずチェックして欲しいポイントや、会場側に聞くべき項目があるかどうかを、事前に共有しておきましょう。

例)
費用や割引などについて
・最寄り駅からのアクセス
・衣装や引き出物の持ち込み可否
・年配のゲストが多いため、バリアフリーに対応しているか
・男性ゲストのために、料理のボリュームは十分か

3)仮予約はする?しない?

パートナー不在の中、ブライダルフェアで即決することはなかなかないでしょう。

しかし仮予約として、日程を押さえておくことは可能です。

1人でフェアに参加したときに印象が良い場合、その場で仮予約を入れるかどうかも話あっておきましょう。

例)
・気に入ったとしても仮予約は入れないで、見学のみにする
・気に入ったなら、新婦(新郎)の判断で仮予約してOK

友人と、親と、ブライダルフェアに参加するの注意点

母親とブライダルフェアに参加する

ブライダルフェアに1人で参加することはなかなか勇気がない…という方も少なくありません。その場合、同行者として友人やご両親へお願いされることも多いです。

会場側からすると、もちろんご両親や友人との参加も問題なく、もちろんウェルカムです。

しかし、これからご紹介する注意点もふまえて、同行者をご検討ください。

友人と行く場合

お友達にブライダルフェアに同行を依頼する場合、多くても2名、できれば1名にして下さい。

グループでわいわい集まると、周囲からは遊びで参加していると思われる可能性が出てしまうからです。

ただでさえ結婚式場は、普段と雰囲気の異なる場所。しかも素敵なウェディングドレスの試着会や美味しい料理・デザートの試食会など、ブライダルフェアには好奇心をそそるイベントが盛りだくさん!

あまり大人数で参加すると、知らず知らずのうちに声が大きくなったり、自分たちだけで盛り上がってしまう可能性も。

他の方々から白い目で見られてしまう可能性もあるため、友人とフェアに参加する際は、自分も含めて2~3人程度としておきましょう。

親と行く場合

ご両親にブライダルフェアの同行をお願いする場合、多くの方がお母様と参加されます。

相談会では見積もりなども提示されますが、値段や成約の特典などから、ご両親が契約を勧めることも少なくありません。しかし、ここで即決はNG。

自分と親の意見だけで会場を決めてしまうのではなく、パートナーと相談した上での決定が望ましいです。

たとえ結婚相手が「結婚式に興味ない」と言っているとしても、フェア当日に契約はせず、一度持ち帰って検討しましょう。

ブライダルフェア1人参加は全く問題なし!元プランナーからメッセージ

ウェディングドレスレンタル

元ウェディングプランナーとして働いていた筆者の現役時代、「彼女は忙しいので、僕だけの参加でも問題ないですか?」と予約電話を頂き、新郎さまおひとりでブライダルフェアに参加された方がいらっしゃいました。

新婦さまおひとりという方はいらっしゃっても、新郎ひとりというパターンは初めてでした。

男性の1人参加はきっととても緊張されていると思い、少しでも不安を減らせるよう、当日のご案内は男性スタッフに任せることにしました。

結果、男性同士で話が盛り上がった様子で一安心でした。後日新婦さまも一緒にご来館下さり、ご予約を頂戴しました。

結婚式後のアンケートで、”ブライダルフェアで男性1人参加に対する対応が良かった”という旨のご感想をくださったことがとても印象的でした。

会場側では、1人参加も歓迎!

いつもと違う雰囲気を感じられる結婚式場のブライダルフェアに1人で参加することは、なかなか勇気が必要なものです。

会場の立場からすると、1人でも参加しようと思ってくれたことにとても感謝していました。

まわりはカップルの参加が多いですが、1人でいらっしゃる方に対しても、一期一会のご縁にスタッフも一生懸命対応しています。

おひとりの参加でも大丈夫!安心してご参加頂ければと思います。

忙しい新郎新婦には、平日開催の式場相談会がおすすめ

カップルで話し合い

できればふたりそろってフェアに参加したい!というのが新郎新婦さまの本音だと思います。

お休みのスケジュールやプライベートの予定などで、彼や彼女と都合がつかない場合、可能なら平日に午後休を取得したり、ノー残業デーを活用するなど、平日の夕方から開催されている相談会(フェア)への参加がおすすめです。

平日開催の相談会は混雑することが少なく、じっくりプランナーに話を聞き、質問などにより多くの時間を割くことができるでしょう。

事前にリクエストしておけば、会場案内にも対応してもらえますし、貸切状態で見学できることも少なくありません。

その他式場によっては、平日にプチ試食付きの簡単なフェアを開催していることもあります。

ブライダルフェアは土日開催だけではないので、忙しい2人は、平日フェアも検討してみましょう!

まとめ

  • ブライダルフェアの1人参加はOK!もちろん男性ひとりでも参加可能
  • 友人と一緒に参加する場合は、自分を含めても3名までにおさえる
  • パートナーのこだわりポイントを、事前に話し合ってから1人参加しよう
  • 1人参加しても、パートナーに相談なしに即決するのはやめよう
  • どうしても一人参加が嫌なら、平日開催のフェア・相談会がおすすめ

ブライダルフェアにひとりで参加してもOKかどうかについてまとめました。

結論、1人参加はもちろんOKで、男性ひとりでの参加も会場側はウェルカムです。お互いの予定が合わず、四苦八苦するのであれば、思い切って1人で参加してみましょう!

思いの外会場側の手厚い対応が受けられる可能性もあります。

事前に知っておきたいポイントや結婚式に対してのこだわりなどを話し合い、フェア後に共有し式場探しを進めていただければと思います。