結婚式に「安い時期」はある?ねらい目の季節やオフシーズンまとめ

結婚式に「安い時期」はある?ねらい目の季節やオフシーズンまとめ

結婚式を挙げたいと思っていても予算がネックとなり、諦めている場合も少なくありません。また結婚式後の新生活にも、ある程度の資金が必要。

そのため結婚式は、なるべく安く行いたいと思っている方もいらっしゃることでしょう。

今回は結婚式をお得に挙げられる、比較的安い時期について解説していきます。日程選びの参考にしてみてくださいね!

結婚式には人気シーズンとオフシーズンがある

カレンダー

旅行に人気のシーズン、オフシーズンがあるように、結婚式にも人気シーズンとオフシーズンがあります。

旅行同様、人気シーズンは料金が高く、オフシーズンであれば比較的安い費用で結婚式をする事が可能。

結婚式を予定する月や季節を変えるだけで、値引き交渉をしなくても、安く済ませることができるのです。

安い時期(オフシーズン)とその理由

結婚式で一般的なオフシーズンはこちら。

  • 1月
  • 2月~3月上旬
  • 7月
  • 8月

この季節がオフシーズンである理由は、多くの新郎新婦さまが、ゲストの移動や気候的な過ごしにくさから検討時期から外すためです。

会場側としては、予約が減っては死活問題!

サマープラン、ウィンタープランといった特別な割引プランを用意して、他の季節よりもお得に結婚式を挙げられるようなキャンペーンを行っています。

高い時期(人気シーズン)とその理由

一方結婚式の人気シーズンはこちら。

  • 4月下旬~5月
  • 6月上旬
  • 9月下旬~10月
  • 11月
  • 12月

中でも、5月、10月、11月は特に人気です。

さらに群を抜いて人気の日取りが、11月22日。語呂合わせで「いい夫婦」の日のため、仏滅であっても人気です。この日は2年以上先の予約が入ることも珍しくありません。

この季節が人気の理由は、日中の気温が安定しており、過ごしやすいことにあります。

この他にも、ゴールデンウィークや3連休でゲストが移動しやすいことも人気の理由ですね。

なお12月は寒い季節ではありますが、クリスマスシーズンのため人気があります。

⇒⇒結婚式の人気シーズンでも、なるべく安く済ませる方法

人気シーズンとオフシーズンでは、どのくらい結婚式費用に差が出る?

結婚式費用をブライダルローンで払う

元ウェディングプランナーである筆者が勤務していた会場では、オフシーズンの結婚式プランは、通常よりも80万円程度お安い金額でご案内していました。

もちろん式場により異なりますが、多くの会場でシーズンオフの割引きプランを用意していることは事実でしょう。

なかでも1月と8月は、気候的な過ごしにくさや年中行事の兼ね合いもあり、オフシーズンの中でも予定が埋まりづらい月です。

この時期の結婚式は、お得なプランがある上だけじゃなく、さらなる割引交渉ができる可能性があります。

例)シーズンオフの1月や8月に契約するから、持ち込み料なしにしてもらう など

結婚式の安い時期・高い時期、それぞれのデメリット

考えるカップル

オフシーズンの挙式は「迷惑」?

安いからといって、安易に日程を決めてしまうのは考えものです。

たとえば12月末~1月は年末年始やお正月、8月にはお盆休みがあります。

こういった年中行事がある月に結婚式を行う事を嫌うご両親やご親族さまもいらっしゃるので、新郎新婦だけでなくご両親の意見にも耳を傾けることが大切です。

またお盆は、帰省ラッシュの時期とかさなるため、実家に帰ってゆっくり過ごしたいと思うゲストもいるでしょう。

連休中に遠方からゲストを招く場合、思った以上にホテル代(宿泊費)や交通費がかかり、迷惑だと感じる場合も。

人気の時期は、打ち合わせがスムーズに進まない?

結婚式の人気シーズンは、なんといっても「結婚式費用が高い」のが最大のデメリットです。

人気の時期には、割引をしなくても式場の予約が入ります。結婚式費用は決して安いとはいえません。

また人気シーズンは会場側の繁忙期。プランナーがひとりで何件もの結婚式をご案内しており、希望の日程に打ち合わせが入れられないというデメリットもあります。

結婚式の人気シーズンでも、なるべく安く済ませる方法

結婚式費用

日取りにこだわりがないなら「直前割」を狙う!

航空券の予約をイメージしてみてください。トップシーズンであっても航空券に空きがある場合、出発日の直前に購入することで「直前割」が適応されることがあります。

結婚式もこれと同様。人気シーズンに結婚式を挙げたいときに、なるべく安く済ませる方法は「直近で空いている日程で、契約をする」ことです。

人気シーズンであっても、ギリギリに申し込むことで直前割りの対象となり、お得なプランが利用できることがあります!

「たまたま空いている日程」を狙い、契約することで安く済ませる事が可能、というわけです。

しかし、結婚式準備を急いで進めなくてはならないだけでなく、ゲスト側の都合が合わず参加ができない可能性もあります。

ギリギリで申し込むことでのリスクもあることも理解しましょう。

平日に結婚式をする

平日に挙式・披露宴を開催される方は少なく、会場側からするととてもありがたい話。

そのため、平日用の安いプランを用意している会場があります。割引率は20%から半額という会場も!

平日にお休みが取れるカップルや、ゲストにも平日休みの方が多い場合、平日結婚式を検討してみてはいかがですか?

【関連記事】こちらもCheck!

日曜の遅い時間帯にする(ナイトウェディング)

ナイトウェディングは人気のスタイルのひとつで、憧れている方も少なくありません。その中でもゲストの都合を考慮し、土曜日のナイトウェディングが人気ですね。

一方同じナイトウェディングでも、日曜日はあまり人気が無く、お得に結婚式ができる可能性があります。

しかし翌月曜日は、お仕事のゲストも多いかと思います。

ただお得だからと日曜日にナイトウェディング検討するのではなく、ゲストの迷惑にならない時間帯で切り上げるなど、開始時間を考慮することが大切です。

六輝六曜(大安や仏滅など)は、金額に関係ない!?

注意したいのが「仏滅=安い」わけではなくなってきていること。

最近は、六曜六輝を気にしない新郎新婦さまも増え、仏滅でも気にせず契約される傾向にあるよう。

もちろん「仏滅割引」などを行っている式場はありますが、「仏滅だから値引きして」などの値引き交渉は、うまくいかない場合も十分にあります。

結婚式の日取りはいつがいい?プランナーおすすめの決め方

紋付き袴と色打掛

授かり婚などで結婚式を急ぐ場合は時期を選びにくくなってしまいますが、結婚準備期間にある程度余裕がある場合は「結局、結婚式っていつがいいの?」とお悩みの方は少なくありません。

その場合は、仕事の都合ゲストの移動などを考慮し、日程を決めることがおすすめです。

例1)土日が休めず、月曜日が休み
→ゲストが仕事を休まず参加できる、月曜祝日を探す

例2)親族や友人を遠方から招く
→ゲストが比較的休みを取りやすい、ゴールデンウィークなどの連休中

【関連記事】こちらもCheck!

国内・海外リゾートウェディングの時期について(高い時期、安い時期)

国内や海外でのリゾートウェディングも、人気シーズンとオフシーズンがあります。

安く済ませたい場合は、オフシーズンを検討することも考慮しましょう。場所別にシーズンを紹介していきます。

沖縄リゾートウェディング

海外挙式をするカップル

年間を通して過ごしやすい温暖な気候の沖縄。国内にいながらも海外のような雰囲気を味わえ、南国の雰囲気を感じたい方におすすめの場所です。

人気シーズン(高い時期)=春夏秋

マリンスポーツも楽しめる、3月・4月・5月上旬・7月・8月・10月・11月は人気シーズンです。

特に4月・10月は気候が落ち着いているため過ごしやすく、結婚式はもちろん観光にもおすすめの季節です。

そのため観光客も多く、ホテルがとりづらかったり、往復の航空券が割高になる可能性も高いです。

オフシーズン(安い時期)=台風の時期、冬

梅雨で湿度が高く、過ごしにくい5月下旬から6月台風の発生が多い9月は沖縄リゾートウェディングのオフシーズンです。

一方、1月や2月ホテル代・航空券の料金が安く手配できる可能性が高いので、ねらい目の時期。

ただし沖縄といえど冬は寒いため、屋外結婚式や記念撮影などが難しいこともあります。

なお2月は修学旅行が増えるため、旅行会社などに相談しタイミングに注意する必要があります。

北海道ウェディング

国内リゾートウェディングイメージ(北海道)

ロケーションの壮大さだけでなく、おいしい料理が期待できる北海道でのリゾートウェディング。両親や祖父母との旅行も兼ねて予定されることも多いです。

人気シーズン(高い時期)=夏

北海道でのリゾートウェディングの人気シーズンは夏!

特に涼しく爽やかな気候の7月は人気の季節。梅雨が気になる6月も、北海道なら心配なくジューンブライドを計画することができます。

しかし過ごしやすい夏の季節は、観光で訪れる方も多いもの。ホテルや航空券の予約が取れないと困るので、早めの計画が吉!

オフシーズン(安い時期)=冬

ただでさえ寒い北海道ですから、12月〜2月の冬の季節はオフシーズンです。

室内は過ごしやすいとはいえ、移動中に体調を崩してしまう可能性もあります。年配者をお迎えして結婚式を予定する場合は、冬の時期は避けた方が安心かもしれません。

軽井沢ウェディング(長野県)

国内リゾートウェディングイメージ(軽井沢)

国内でも有名な避暑地「軽井沢」。緑が美しく自然に囲まれたロケーションで、国内リゾートウェディングを挙げたい人におすすめの場所です。

人気シーズン(高い時期)=新緑の季節

美しい自然の中結婚式を予定される方が多いので、新緑が美しい5月から7月が人気の季節です。

また8月は、猛暑とお盆で、一般的には人気がない時期ですが、避暑地である軽井沢は過ごしやすく、他の地域よりも結婚式の需要があります。

しかし、夏の暑さから解放されたいと旅行を予定する方も多いため、人気シーズンは交通費や宿泊費が高額になる可能性があります。

オフシーズン(安い時期)=冬

一方、冬の時期は寒さが厳しく人気がないシーズンです。

しかし雪景色が美しく、冬ならではの風景を楽しめることも、冬の軽井沢の魅力。価格重視で結婚式を挙げたい方にはおすすめの季節ですね。

ハワイ挙式

ビーチで挙式

海や山、自然を愛する人に人気の旅行地ハワイ。リゾートウェディングでも不動の人気です。

結婚式と新婚旅行を兼ねて行けるだけでなく、日本人も多いハワイは、初めての海外旅行でも安心できる場所といえるでしょう。

人気シーズン(高い時期)=1年中人気

沖縄同様、年間を通して温暖な気候のため、年間を通して人気があります。

中でも6月と10月は、ハワイ挙式では特に人気の季節!

この時期はハワイ行き航空券の値段が比較的落ち着くのと、6月はジューンブライドでもあるためです。式場の日取り選びの激戦が予想されます。

日本からのウェディング予定者だけでなく、世界中から結婚式に訪れる方がいるため、繁忙期には予約が埋まってしまい、希望の日程で結婚式を挙げることができない可能性もあります。

オフシーズン(安い時期)=1月、4月、5月、11月

航空券が比較的安いという意味で、ハワイのオフシーズンは、GWを除く4月・5月、冬休みを除いた1月・11月あたりです。先述の通り、6月・10月も比較的航空券の費用が落ち着きます。

このタイミングを狙い、結婚式を予定する事でゲストのお車代の出費を抑えることができますよ。

しかしこの時期は、日本国内で結婚式のトップシーズンにあたります。列席者の都合などを考慮して予定立てていくことも大切です。

まとめ

  • 結婚式のオフシーズンは真冬と真夏
  • 人気シーズンは2年以上から予約が入ることもある
  • 人気シーズンでも、挙式日ギリギリに予約すると、直前割りが効くこともある
  • 海外ウェディング、国内リゾートウェディングは、独自の人気シーズン・オフシーズンがある

結婚式には人気シーズン、オフシーズンがあり、時期によっては安く結婚式ができます。

リゾートウェディングにも人気シーズン・オフシーズンがあります。それぞれのメリット・デメリットを考慮し、予定立てていくことが大切です。