ブライダルシェービングはどこまで剃ってもらえばいい?とお悩みの花嫁さんへ。二の腕やデコルテなど、自分でも剃れそうな部位の自己処理のデメリットを紹介します。必要かどうかの判断の参考にしてくださいね。

たくさんやると金額もかさむ!どこまで剃ってもらうか問題

ブライダルシェービングのサロンを決めたら、次はコース内容を決める必要があります。そこでぶち当たるのが、どこまで剃るか問題。「一生に一度の機会だしせっかくならやりたい!」と思う一方で、「挙式はお金がかかるからできるだけ節約したい…」そんなシェービング部位に悩む花嫁さんのために、ブライダルシェービングのどこまで剃るか問題を考えていきます。

ブライダルシェービングで、顔・襟足・背中は定番のパーツ

通常のシェービングと違い、挙式のために行うブライダルシェービング。顔、襟足、背中は、周りの人から最も良く目につく場所でもあり、ブライダルケアの必須パーツと言えます。そのためどのコースも基本的には、この3つのパーツのシェービングは含まれています。

自分では手が届かないところはお願いしよう

写真にも最も残るお顔。いつも見られている場所だからこそ、特別な日には一番綺麗でありたいものです。自分でカミソリを使ってシェービングすることの難しい鼻や耳たぶといった細かい凹凸のある部分は、プロにお任せするのがベスト。うぶ毛や古い角質がなくなると、化粧ノリも良くなるとか。本格シェービングであれば、眉の形を整えてくれたり、もみ上げを整えてくれるサロンもあります。

襟足(うなじ)

自分では手が届かず、お手入れの難しい襟足。自分では目に入らなくとも、アップヘアにした時には多くのゲストの目にとまります。耳の後ろ、襟の脇の少し気になる毛を剃ると、それだけで後ろ姿はすっきりするもの。アップヘアの美しいうなじ美人を目指すなら欠かせない部位です。さらに、本格シェービングの場合、首をほっそり・長く見える形に整えてくれます。

背中~肩

普段自分では中々ケアの難しい背中。ゲストに背を向けることも多い結婚式や披露宴では、うなじ同様に想像以上に視線が集まる部位です。うぶ毛を丁寧にシェービングした背中は、ワントーン明るい素肌へと生まれ変わります。

背中シェービングのイメージ

ビスチェやオフショルなど、背中が出るタイプのウエディングドレスを着る方は是非ともやっておきたい部分です。

自分でもできそう?迷いがちなパーツの落とし穴

二の腕(肩~ヒジ上)

普段のお手入れの中で、二の腕まで剃っているという方も多いはず。実は、後ろ側の二の腕の付け根部分は自分では手が届きません。しっかり剃っているつもりでも、実際はそり残しが二の腕の後ろには隠れているかも。袖のないウエディングドレスを着る際は、二の腕までお願いするのが安心です。

ヒジ下~手・指先

「グローブをつけるから」と、手首や指先のシェービングは必要ないと思っている方も多いのでは?実際には指輪交換の時にはグローブを外す必要があり、手が露出するタイミングは挙式中にもあります。特にそのタイミングでは指をアップにした写真を撮ってもらう事も多く、ばっちりと手の写真が残ります。写真が出来上がってみたら指に剃り残しが…なんてことになったら、せっかくの結婚指輪もブライダルネイルも台無し。ネイルをやるなら手までしっかりお手入れしましょう。

デコルテ

普段は目立たないけれど、よく見ると細かいうぶ毛が生えているデコルテ。普段剃り慣れていないからこそ、自宅ケアは少し不安です。シェービングすることで、デコルテのレフ版効果も高まりより明るい印象に。胸元の開いたドレスやビスチェタイプのドレスを着る方には、デコルテシェービングがおすすめです。

脇は脱毛してる人も多いパーツ。残念なことに、シェービングでは対応していない部位です。

袖のないウエディングドレスを着るなら、脇は見えるパーツ。式前日などに、お家で自分で処理しましょう。

自分でできるパーツをプロにお願いする3つのメリット

1.剃り残しリスクを下げる

自分でやると何度も剃り残しがないか確認して大変ですよね。きれいに剃ったと思っていても翌日ふと後ろ姿を見たら、そり残しを見つけてしまったなんて経験がある方も多いのではないでしょうか。プロにお願いするからこそ、客観的に見てもらう事ができ剃り残しのリスクは格段に下がります。本格シェービングでは特に、様々な角度からうぶ毛が残っていないかを確認してくれるので安心です。

2.カミソリ負けリスクを下げる

手首や二の腕の後ろなど、あっと思った時にはすでに傷が出来てしまったなんてことありませんか。他にも、カミソリがお肌に合わず赤みが残ってしまったり、かぶれてしっまたりなんてことも。挙式当日に肌のトラブルは絶対避けたいものです。サロンで行うシェービングでは、お肌を守るための保湿をしっかり行ってくれたりと、お肌への負担が最小限で済むように配慮してくれます。

3.プロにやってもらった安心感が自信につながる

ウエディングドレスでは、背中やデコルテ、二の腕など、普段露出する事の少ない部分が大きく開いたものが多くあります。そのために、多くの人の視線を集めることに恥ずかしいと感じる花嫁さんも少なからずいるはず。それも、剃り残しがないかや、肌の赤みが気になっていては不安は募るばかりです。プロにやって貰うことで、自分の肌に自信を持つ事ができます。一生に一度だからこそ、堂々とドレスを着こなすためにも、保険のような安心料と考えてみてもいいかもしれません。

ブライダルシェービングができるお店の探し方

ブライダルシェービングには2種類の方法があります。1つが、資格を持った人のみが行うことの出来るカミソリを使用した本格シェービング。もう1つが、自分でも購入が可能な電気シェーバーを使用したソフトシェービングです。一般的に、本格シェービングの方が資格を持った理容師が担当してくれるため、小鼻やもみあげ、指先といった細かい部分までシェービングを行ってもらえます。また、本格シェービングでは、シェービング後にお肌を休ませる必要があるため挙式の3~7日前に受けるのがベストだと言われています。一方で、ソフトシェービングは、エステと同様にシェービング後すぐが最も美しいといわれるため、前日または2日前に受けるのがベスト。仕上がりやベストな状態までの期間にも違いがあるため、本格シェービングなのか、それともソフトシェービングなのかは確認しておく必要があります。
仕上がりを重視したい方は本格シェービングが、お肌を守ることを重視する、または挙式前日にしか時間を取れない方はソフトシェービングがおすすめです。

予算を抑えたいなら「理容室」で

予算重視派には、女性のシェービングの取り扱いがある理容室がおすすめです。必要最低限のケアをしてもらえる低予算のコースが見つかるはず。
理容室なので、ヘアカットの男性客の利用もあり、女性がくつろげる雰囲気は期待できませんが、女性客向けに、ついたてやカーテンなどの仕切りを用意しているところも。女性理容師が対応してくれるお店を探せは、緊張せずにシェービングを受けられますよ。

【例】
銀座マツナガ (東京)

【1day】ドレスブライダルシェービング(45分)4,536円(税込)

種類:本格シェービング
シェービング部位:顔、眉カット、襟足、背中(肩甲骨まで)
エステ:美肌パック(顔)
女性専用:×(施術は女性スタッフが担当)
施術スペース:壁・カーテンによる仕切り

銀座マツナガ有楽町店の施術スペース
銀座マツナガ(有楽町店)の施術スペース
銀座マツナガの詳細・予約はこちら>>

より本格的なシェービングを受けたいなら「シェービング専門店」で

シェービングを堪能したい人や、肌が弱くて心配な人は、ワンランク上のケアとサービスが期待できるシェービング専門店がおすすめ!
シェービング専門店の多くが女性専用。ゆったりとした施術ベッドやリクライニングチェアで、こだわりの化粧品やスチームなどを使用した心地よいケアを受けられます。エステサロンとは違い、サイズダウンを目指す痩身エステや、何度も通う長期のエステプランは扱っていませんが、肌の事を知り尽くしたシェービングのスペシャリストが、細やかな気遣いをしながら肌を優しくケアしてくれます。完全個室もしくはサロンを貸切にして施術するお店も多いので、肌の悩みを何でも相談できるのも嬉しいですね。

【例】
レディスシェービングサロン fini(フィニ)(東京/神奈川/千葉/愛知/京都/大阪/兵庫)

【1day】パーフェクトボディシェービングコース(90分)16,200円(税込)

種類:本格シェービング
シェービング部位:襟足、背中、デコルテ、二の腕
エステ:ローションパック(襟足、背中、デコルテ、二の腕)
女性専用:〇
施術スペース:個室

fini(フィニ)の施術スペース
fini(フィニ)の施術スペース
レディスシェービングサロン fini(フィニ)の詳細・予約はこちら>>

エステも一緒に受けたいなら「エステサロン」で

シェービングだけでなく、痩身ケアやボディトリートメントなどのビューティーケアも一緒に受けたい花嫁さんは、ブライダルシェービングを取り扱っているエステサロンがおすすめ。
アットホームな床屋さんの雰囲気とは違い、女性専用の綺麗な店内で非日常でぜいたくな気分を味わえるエステサロン。施術スペースは殆どの場合が個室で、用意されたバスローブなどに着替えて、心身ともにリラックスした状態で施術を受けられるところも。
また、コースのバリエーションが多いのもエステサロンならでは。忙しい花嫁さんのための1日完結のケアから、3ヶ月~半年前の長期プランまで、悩みや予算に合わせたコースを選んでパーフェクトな花嫁姿を目指せます。 シェービングは「ソフトシェービング」か「本格シェービング」のどちらを扱っているか事前に確認してくださいね。

【例】
ブライダルエステ専門店 美4salon(東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知/兵庫)

【1回】美肌・引締め・シェービング付!1回完結お急ぎプラン(150分)

種類:ソフトシェービング
部位:顔、襟足、背中、二の腕
エステ:角質除去ケア、美肌ケアまたは小顔ケア、保湿パック(背中、襟足)、バイオニックセルサー(背中)、引き締めバンテージ(二の腕)
女性専用:〇(カップルでの来店の場合のみ男性OK)
施術スペース:個室

美4salon(浦和店)の施術スペース
美4salon(浦和店)の施術スペース

ブライダルエステ専門店 美4salonの詳細・予約はこちら>>

いかがでしたか?

自分でお手入れが難しい部位はもちろん、自分で手の届くところだからこそ見落としがちな点は多いもの。挙式で着るウエディングドレスに合わせてシェービングが必要な部位も変わってきます。気になるサロンがあった方はネット予約を。

他のエリアのブライダルシェービングサロンを見る>>

【関連記事】
安いブライダルシェービングの探し方、価格の仕組みを徹底解説