結婚式のテーマカラーは「ラベンダー・パープル」!上品&爽やかウェディング

結婚式のテーマカラーは「ラベンダー・パープル」!上品&爽やかウェディング

パープル系カラーは爽やかな甘さが魅力

パープル系のカラーとひと口にいっても、色のバリエーションはかなり豊富です。

深みのあるゴージャスなバイオレットから、ブルーに近い淡色系のパステルラベンダーまで。

ピンクよりになると可愛らしいイメージなり、ブルーよりになるとシックで大人っぽい雰囲気に。

甘さ控えめのウェディングにするなら、テーマカラーをパープルにしてみてはいかがでしょうか?

パープル系の花でバージンロードをナチュラルに装飾

パープル系とホワイト系の花を組み合わせて作ったバージンロード。

ブルーよりのパープルでまとめることで、清々しい雰囲気に仕上がっています。

清らかな女性らしさを演出できる配色です。

背丈のある花をメインに使って、ランダムに配置するとナチュラル感のあるおしゃれなスタイルができあがります。

白い花で作ったアーチは思いっきり高さを出して迫力満点に。

 

WedLuxeさん(@wedluxe)がシェアした投稿 -

大人っぽいシックパープルのペーパーアイテム

深みのあるウルトラバイオレットは、上品かつ高貴な空気感を漂わせます。

とくに相性の良いゴールドやホワイトと組み合わせることで、気品に満ちたゴージャスな表情に仕上がります。

表面のカリグラフィには、金色の文字でメッセージを。

可憐なチューリップや、涼やかなガーゼ素材のバイアス布を添えれば、大げさすぎないおしゃれな雰囲気に。

 

PONK Rentalsさん(@ponk_rentals)がシェアした投稿 -

ピンクパープルでまとめたテーブルコーデ

ピンクに近い甘めのパープルをテーマにした、上品で華やかな披露宴会場。

フロアも椅子も壁までもがパープルで彩られています。

シャンデリアやフラワーベースのクリスタルの透明感ときらめきが、清潔感のあるピュアな雰囲気を漂わせています。

テーブルコーディネートには、“永遠の喜び”を花言葉とするスイートピーを添えて。

ラベンダーを使ったナチュラルなテーブルコーデ

パープル系のテーブルコーデでナチュラルな雰囲気を出すなら、ラベンダーを使うのがおすすめ。

ハーブの一種であるラベンダーは、安らぎや穏やかな気持ちをもたらしてくれます。

ゴールド系の食器を合わせることで、あたたかみが感じられるコーディネートに仕上げて。

アンティークローズやカーネーションを合わせて優しい印象に。

 

WedLuxeさん(@wedluxe)がシェアした投稿 -

鮮やかな紫色の装花×マットゴールドが派手カワイイ!

最近は、結婚式の前祝いとしてブライダルシャワーを行う人も増えてきました。

ワクワクした気持ちで迎える記念日を彩るのは、芍薬やスミレなど鮮やかなパープル系の花をメインにした装花がぴったり。

ところどころにホワイト系の花をさすことで、抜け感をプラスして。

サブカラーとして使用しているゴールドはマット感を出して上品に。

ウェディングブーケにさりげなくパープルを添えて

あまり毒々しい紫は苦手…という花嫁さんは、白を基調にしたウェディングブーケに紫色をポイント使い。

真っ白なウェディングドレスにも、パープルのカラードレスにも合わせやすいですよ♪

新郎のブートニアもおそろいで、白×紫のカラーをいれてみて。