家族も一緒のフォトウエディング!費用やアイデアを大公開

家族も一緒のフォトウエディング!費用やアイデアを大公開

フォトウエディングというと、新郎新婦だけで撮影するものをイメージしがち。

しかし最近では両親や子供、ペットなど、家族と一緒のフォトウエディングも人気を集めています!

今回は、そんな家族も一緒のフォトウエディングの流れや費用、アイデアなど、気になるあれこれを解説します。

家族と一緒のフォトウエディングが選ばれる、3つの理由

新郎新婦の家族家族と一緒のフォトウエディングをする理由としては大きく次の3つが挙げられます。

  • 挙式はしなくても、両親に花嫁姿を見せたい
  • ペットと一緒に写真を撮りたい
  • 大切な家族と、ゆっくり時間をかけて撮影したい

ほかにも、家族から祝福をしてもらえたり、撮影当日にご祝儀をもらえたりと、新郎新婦だけでフォトウエディングをするよりもメリットは多いようです。

1. 挙式はしなくても、花嫁姿は両親に見せてあげたい

特に新婦側の親にとって、自分の目で娘の花嫁姿を見られるのと見られないのとでは、感動の度合いも違うもの。

フォトウエディングが選ばれる理由は様々ですが、家族と一緒にフォトウエディングをした先輩花嫁さんは、特にそういった家族との繋がりを大切にする人が多いようです。

また新郎新婦が、これまで育ててくれた両親に晴れ姿を見せてあげたいという感謝の気持ちから、両親を撮影に招待するケースも多いです。

2. ペット(犬)も家族!一緒に写真を撮りたい

飼い主にとっては、ペットも大切な家族の1人です。ペットと一緒のウェディングフォトを残せるのも、比較的自由度の高いフォトウェディングならではのこと。

ペットを連れていける結婚式場はそう多くありませんし、犬アレルギーや猫アレルギーなどを持っている招待客がいる可能性も考えられます。

【関連記事】こちらもCheck!

3. 大切な家族だからこそ、じっくり撮りたい

結婚式当日よりも時間に余裕のあるフォトウェディングなら、ゆっくりと家族との撮影を楽しめます。

一般的な挙式・披露宴では、家族や親戚も新郎新婦同様ゲストをもてなす側と考えられているため、どうしても家族以外のゲストが優先されがち。

また、式当日は分刻みのスケジュールのため、家族との記念撮影についても手早く済ませられてしまうことがほとんどです。

親の見学は気まずい?家族と一緒に写真を撮るときの注意点

メリットがたくさんあるファミリーフォトウェディングですが、なかには両親の目線が気になるという人もいます。

  • 視線に緊張して、表情が固くなった
  • キスやハグといった大胆なポーズが恥ずかしい
  • 当日急に両親も一緒に撮影することになって、料金が上がった

というケースもあるので、事前に2人で両親を招待するかどうか、意見をすり合わせておくといいですよ。

結婚式の前撮り、家族写真を撮るときの服装はどうする?

親族写真

家族揃っての撮影とはいえ、メインとなるのはあくまでも新郎新婦。主役よりも目立つ服装や、女性なら白のワンピースなどはマナー違反となります。

上記2点を守っていれば、好きな衣装を着て大丈夫です。撮りたい写真の雰囲気に合った服装にするといいでしょう。新郎新婦の方から「自然体の写真を撮りたいので、普段着でお越しください」など案内しておくと親切ですね。

なお新郎新婦以外は全員普段着、もしくは全員フォーマルにするなど、あらかじめ両親族の服装を決めておいて、統一感を出すと、一層素敵な写真が仕上がります。

両親の服装の選び方

一般的な結婚式だと父親はモーニング(タキシード)、母親は黒留袖というフォーマルな装いをします。

しかし自由度の高いフォトウェディングでは、普段着のようにカジュアルな恰好でもOK。撮りたい写真の雰囲気に合わせて「こんな衣装を着てほしい」と伝えましょう。

ちなみに両家でそろえるべきなのは「フォーマルorカジュアル」という衣装の格のみです。無理に和装or洋装を統一する必要はありません

赤ちゃん、子供の衣装の選び方

赤ちゃんや子供と一緒に撮影する新郎新婦もたくさんいます。

子連れで写真を撮るなら、おそろいコーデをすると、家族の絆が感じられて素敵です。ウェディングフォトらしく純白の衣装でそろえたり、「和装」で統一したりしてみて。

子供が大きくて、服装の好き嫌いがはっきりしているなら、本人が好きな衣装を選ぶのがおすすめです。自分の好きな衣装を着たほうが、きっと子供も撮影を楽しんでくれます。

フォトウェディングの家族撮影プランにかかる費用

ファミリーフォトウェディングの費用

家族と一緒に撮るウェディングフォトは、2人きりで撮影するより高額になるイメージがありますよね。ファミリーフォトウェディングの価格について解説します。

基本は「新郎新婦のみのプラン料金+家族の衣装・着付け代」

披露宴などと違って、フォトウェディングの金額は人数ではなく、撮影枚数によって決まります。

ですから新郎新婦以外の人と一緒に撮影したからといって、ほとんどのスタジオでは追加費用がかかりません。基本的に、2人きりで撮影するときと同じ料金と考えて大丈夫です。

ただし家族分の着物の着付けやヘアメイクをお願いした場合は、追加で衣装レンタル料やヘアメイク料などがかかります。

【家族と一緒にスタジオ撮影する場合の費用例】

  • 両家両親と一緒の場合(モーニング&黒留袖)…+5万円~
  • 子供1人と一緒の場合…+1万円~

注意!ペットと一緒に撮影する場合の予算

スタジオによって、ペット持ち込み料は大きく違います。安いと0円、高いと1万円以上かかることも。

追加料金やスムーズな撮影ができるか心配な場合は、初めからペット専用プランを用意しているスタジオを選ぶのがオススメ。

ちなみにペットが理由で衣装が汚れた場合は、追加でクリーニング代が発生するので、撮影中はよく注意してくださいね。

ファミリーフォトウエディングにまつわる、よくある質問

フォトウェディングを盛り上げる

家族と一緒に撮るフォトウェディングにまつわる疑問について、まとめました。

Q1:家族も一緒だと、準備や撮影の流れはどうなるの?

A.基本的に家族と一緒にフォトウエディングをする場合でも、予約〜撮影〜完成といった一連の流れは同じです。

ただし人数が多い分、日程調整や衣装選び、撮影に時間がかかる可能性があります。2人きりで撮るより当日の撮影時間が長くなると思っておきましょう。

Q2:結婚式の前撮りで、家族写真を撮るときの並び方は?

結婚式の前撮りで集合写真を撮るときは、挙式当日の記念写真と同じように、新郎新婦を中心とした並び方が一般的。

親族写真の並び方
親族写真の並び方一例
  • 新郎新婦は最前列中央
  • カメラマンに向かって右側が新郎側、左側が新婦側
  • 基本的に血縁の近い順から新郎新婦の近くに座る
  • 友達は親族の後ろに並ぶ

高齢の叔父・叔母がいたり、小さな子供を抱えた親戚がいたりする場合は、臨機応変に。椅子に座ってもらうなどの配慮も忘れないようにしましょう。

【関連記事】こちらもCheck!

Q3:どこまで「家族」として呼んでOK?

A.呼びたい人を招待して大丈夫です。友達と一緒のフォトウェディングもアリですよ。

ただし、新郎新婦どちらかの家族・友達のみ招待するのは避けておきましょう。

「なんで向こうの家族は呼ばれたのに、こちらの一家は呼ばれなかったの?」ともめごとの原因になります。

フォトウェディング+食事会の家族婚プランも人気!

披露宴

  • せっかく家族で集まったのだから、撮影だけでお開きにするのはもったいない
  • 撮影を見学されるのは恥ずかしいけど、晴れ姿を家族に見てほしい

そんなプレ花にぴったりなのが、フォトウェディングと会食が一緒になったプランです。

2人だけで写真撮影してから、晴れ姿のまま食事会へ向かいましょう。

併設、提携レストランがあるスタジオで撮影すれば移動の手間もかかりません。

フォトウェディングと食事会(挙式なし)のプラン、費用相場はいくら?

スタジオやプラン、招待客の人数などにもよりますが

  • 家族婚(10名前後):65~80万円くらい
  • 親族婚(20名前後):85~105万円くらい

が相場となります。詳しい内容は、下の記事で解説中です。

まとめ

  • 結婚式を挙げなくても花嫁姿を見せることができる
  • 料金は「新郎新婦のみのプラン料金+家族の衣装・着付け代」が基本
  • ペットなどは別途費用がかかることもあるので、専用プランがあれば安心
  • 家族の衣装は、両家でそろっていればフォーマル・カジュアルのどちらでもいい
  • 撮影後の食事会もおすすめ
  • 家族と一緒だからこそ撮れる写真がある

フォトウエディングというと「形だけの結婚式」といった寂しいイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、そんなことはありません!

家族も一緒のフォトウエディングなら、写真だけでなく撮影時の緊張感やハプニングなど、家族と一緒だからこその思い出を残すこともできますよ!

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】