いくらくらい必要?前撮り・フォトウェディングの費用相場まとめ

いくらくらい必要?前撮り・フォトウェディングの費用相場まとめ

綺麗な花嫁姿・花婿姿を写真に残せるフォトウェディング

興味のある花嫁さんも沢山いると思いますが、まず価格が気になりますよね。

ここではフォトウェディングの費用相場や基本プランに含まれる内訳などを、撮影場所別・衣装別にご紹介します。

結婚式の前撮り・フォトウェディングの平均予算はいくら?

結婚式費用

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2020」によると、花嫁さんがフォトウェディングにかけた費用は、平均16.4万円(スタジオ撮影)。

意外と高い!と思われるかもしれませんが、これはあくまでも平均費用です。安いと5万円未満、高いと50万円以上と、人によって撮影料金が全然違います。

スタジオ撮影の費用相場:5万~15万円

スタジオ撮影の費用は、5万円~15万円ほどかかるのが一般的。

安いと1万円程度から撮影できますが、この価格帯のプランには、本当に必要最低限の内容しか含まれていません。基本的にカット数を増やしたり、衣装にこだわったりと、オプション追加していくことになります。

また、着る衣装によって値段が変わるところにも注意してくださいね。

  • 和装…3万〜10万円ほど
  • 洋装…2万〜8万円ほど
  • 和装&洋装(計2着)…6万〜15万円ほど

ロケーション撮影の費用相場:10万〜30万円

ロケーション撮影の費用相場は10万円〜30万円前後と、スタジオ撮影よりも割高になるんです。

ロケーション撮影の基本プランには、撮影代だけじゃなく、当日の移動費やスタッフの出張代も含まれます。また撮影スポットによっては、申請料・使用料が請求されることもあります。

注意しておきたいのが、遠方や複数ロケーションで撮影するとき。たいていは追加オプションとして別途料金が必要です。

ちなみに衣装ごとの撮影料金は以下の通り。

  • 和装…10万〜20万円ほど
  • 洋装…10万〜15万円ほど
  • 和装+洋装(計2着)…15~25万円ほど

国内リゾート(沖縄など)で撮影すると、料金が高くなる?

基本的に「リゾート地だから」「ビーチフォトだから」といった理由で撮影料金が高くなることはありません。一般的なロケーションフォト撮影と同じ価格帯で写真を撮れますよ。

ただし交通費がかかる分、トータルの費用は高くなってしまいます。

新婚旅行とフォトウェディングを兼ねてリゾートへ行くのがオススメです。

ハワイやパリで撮りたい!海外フォトウェディングの費用相場

新婚旅行でフォトウェディング

「ハワイ、グアム、モルディブなどのビーチリゾート」「パリやイタリアといったヨーロッパ圏」のどちらで撮影するかによって、費用相場が大きく異なります。

  • ハワイ…15万〜30万円前後
  • ヨーロッパ(パリ)…30万〜50万円前後

国内のフォトウェディングに比べるとちょっと高くない!?と思いますが、新婚旅行も兼ねていると考えればコスパ◎!

結婚式の前撮り・フォトウェディングの費用内訳

新郎新婦フォトウェディングの基本プラン内訳は、おおよそ以下の通り。

  • 撮影代
  • 新郎新婦の衣装代
  • アクセサリーなどの小物代
  • 着付け・ヘアメイク料
  • 撮影データ

注意しておきたいのが、撮影データについてです。撮影枚数は100カット以上だけど、プラン料金でもらえる写真データは1枚だけ、なんて場合もあります。

要チェック!見落としがちだけど、追加料金が発生しやすい項目

プランによって、含まれているものはまちまちです。格安プランにしたら、色々なオプション料金がかかって、予想以上に高額な出費になるかもしれません。

申し込み前に、追加料金の発生しやすいポイントを確認しておくと、失敗が減らせるでしょう。

  • プラン料金で選べる衣装の種類
  • 「小物一式」に含まれるもの(アクセサリー、ブーケ、撮影小物など)
  • 衣装や小物の持ち込み料
  • ヘアメイクリハーサルの料金
  • アテンド料金
  • 撮影カット数
  • アルバムの有無
  • 全データ譲渡の有無
  • レタッチ(加工修正)料金
  • 土日祝日料金
  • シーズン料金(春、秋など)
  • 出張料(ロケーションフォトの場合)

できるだけ安く抑えたい!フォトウェディング費用の節約方法

結婚式費用を節約

挙式するより安いとはいえ、フォトウェディングだって高額な買い物です。なるべくなら低料金で撮影したいですよね。

結婚式の前撮り・フォトウェディングの費用を節約するアイデアを紹介します。

平日割引、オフシーズン割引を利用する

フォトスタジオの多くは、平日割引やウエディングシーズンが過ぎた夏&冬期間限定の割引プランを用意しています。

逆に追加料金の発生しやすいのは、人気がある土日祝日、春、秋など。

スタジオで撮影する

撮影スポットに強いこだわりがないのなら、スタジオ撮影のプランを申し込むと費用節約になりますよ。

移動費や出張料がかかる分、ロケーション撮影は高額になりがちです。

衣装はウェディングドレスを選ぶ

撮影カット数などの条件が同じ場合、衣装が豪華かつ、着付けに手間のかかる和服のほうが高い料金設定となっています。

ただし複数枚の衣装を着るときは、白無垢+色打掛より和服+ドレスのほうが高くなりがちです。理由は、和装+洋装だと新郎も衣装チェンジする必要があるから。

料金としては、1~3万円ほどの違いがあります。

アルバムを手作りする

スタジオでアルバムを注文すると、最低でも3万円ほどかかるのが一般的。

ですからアルバムは自分で手作りするのがおすすめです!

撮影データだけ納品してもらって、自分たちでファイリングしたり、ウェブ注文して製本してもらえるサービスを使ったりしましょう。

撮影カット数を少なくする

撮影カット数が限られているスタジオやカメラマンなら、撮影リストを用意しておくのも重要です。

フォトウェディングの料金は、撮影カット数によって変化します。本当に必要な写真だけ撮ってもらえば、少ない撮影枚数でも満足度は高くなりますよ。

新郎新婦のポーズ、アングル、場所、表情など、「こういうイメージで撮ってほしい!」という写真をインスタグラムやピンタレストで探してリストアップしておきましょう。

カメラマン、ヘアメイクさんへの心付けは必要?

心付け

「撮影料やヘアメイク料など、ちゃんと料金を支払っているのだから、心付けは必要ない」「感謝の気持ちをのせてお渡ししたい」など「心付け」に対するカップルの考えは様々。

もしも心付けを渡したい場合は、カメラマンやヘアメイクさんともに、相場は3,000~5,000円。

のし袋やポチ袋に入れて用意して、撮影前に、「今日はよろしくお願いします」といってお渡ししましょう。

【関連記事】こちらもCheck!

海外フォトウェディングの心付け事情

前撮りの心付けも、海外フォトウェディングとなると事情は違ってきます。

心付けというよりも「チップ」ですね。挙式に限らず様々なサービスを受けるごとに、チップ支払う必要性が出てきます。

フォトウエディングに関係するところでは、カメラマン、ヘアメイク、ともに20~30ドル支払うのが相場。

こちらもポチ袋などに入れてから、お渡しするようにしましょう。

まとめ

  • フォトウェディングの費用相場は5~15万円
  • スタジオ撮影なら2〜3万円から可能
  • ロケーション撮影の費用相場は10万円〜30万円だが、その分カット数や写真データの数が多い
  • 海外ロケーション撮影の場合、撮影場所によって費用が大きく変わる
  • 平日割引期間限定の割引プランを上手に利用すれば安く撮影できる

フォトウェディングは一生の思い出として残る大切な写真です。

「スタジオ撮影が上手い」「バリエーション豊かなロケーション撮影が売り」「衣装の種類が豊富」「和装に強い」など、フォトスタジオによって得意なジャンルはそれぞれ。

料金だけにとらわれず、自分の理想や希望に沿ったスタジオ選びが大切ですよ。

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】