結婚式の前撮り、ブーケはいる?いらない?理想のブーケを手に入れる方法を解説

結婚式の前撮り、ブーケはいる?いらない?理想のブーケを手に入れる方法を解説

結婚式の前撮り・フォトウェディングは、結婚という思い出を形に残せる、大切な機会です。ウェディングドレスやヘアメイクにも気合が入りますよね!

衣装や小物を準備していくときに意外と悩むのが、ブーケについて。絶対に必要なの?なるべく安くブーケを準備したい!など、困ってしまうポイントも多いのではないでしょうか。

結婚式の前撮りをするときのブーケ準備について解説します。

結婚式の前撮りやフォトウェディングに、ブーケ・ブートニアは必要なのか

ブーケを持つ花嫁

結婚式の前撮りやフォトウェディングのために、わざわざウェディングブーケを用意するべきなの?と悩む花嫁さんも多いもの。

無理に用意する必要はありませんが、ウェディングブーケを持って撮影するのが圧倒的におすすめです。

前撮りでウェディングブーケを用意するメリット

  • 結婚式らしい写真になる
  • 引き締まった雰囲気になる
  • ポーズの幅が広がる

たとえばシンプルなドレスでも、ブーケを持つだけで一気に「ウェディングフォト」らしさを作れます。

和装ならブーケなしでもOK

神前式ではブーケを持ちません。ですから和装で前撮りする場合は、ウェディングブーケなしにしても違和感が少ないでしょう。

もちろん和装に似合うブーケもあります。着物にマッチするブーケは、こちらの段落で解説しています。

ブーケなしにするなら、撮影ポーズを工夫しよう

ポーズや撮影場所に気を付ければ、ウェディングブーケなしでも素敵な写真を撮影できますよ。手持ち無沙汰にならないことを意識して、ポーズ選びをしてくださいね。

ブーケなしの撮影ポーズアイデア

  • ベールや扇子などに手を添える
  • 彼と手をつなぐ
  • ジャンプなど、動きのあるポーズをする
  • シルエットポーズを撮る

結婚式の前撮りで、ウェディングブーケはどうやって用意する?

前撮り用ブーケを用意する方法

結婚式の前撮りやフォトウェディングをするときは、どうやってブーケを用意すればいいでしょうか。

基本的にフォトスタジオから無料レンタルできる

たいていのスタジオでは、ウェディングブーケが「撮影小物」としてプランに含まれているため、無料でレンタルできます。

ただし豪華なブーケは追加料金がかかったり、そもそもブーケがプランに含まれていなかったりするスタジオもあります。レンタルの場合、必ずしも自分好みのブーケを持って撮影できるわけではない、ということを知っておきましょう。

自分でブーケを用意する方法は「手作り」「ネットレンタル」「購入」の3種類

スタジオからレンタルできるブーケは可愛くない、なんてこともあり得ます。そんなときは自分でブーケを準備しないといけません。

自分でウェディングブーケを用意する方法は「手作り」「ネットレンタル」「購入」の3つがあります。それぞれメリットがあるので、自分に合った方法でブーケを準備しましょう。

手作りするメリットは、なんといっても予算を抑えられるところ!なかには1,000円台でブーケを作った花嫁さんもいます。好きなお花を組み合わせられる、自由度の高さも魅力的です。

レンタルなら、購入すると20,000~30,000円するような豪華なブーケ、たとえばキャスケードブーケを10,000円以下で用意できます。

そして前撮り、結婚式、挙式後のインテリアと、たくさん使いまわしたいならブーケの購入がおすすめ。トータルで考えると、レンタルするよりコスパがいいんですよ。価格帯にはかなりバラツキがありますが、なかには5,000円で買えるブーケもあります。

ブーケの持ち込みに関して、あらかじめ確認しておこう

ウェディングブーケを持ち込む予定なら、「小物の持ち込みが可能かどうか」「持ち込み料」の2点をチェックしておきましょう。

スタジオによっては、そもそも衣装・小物の持ち込みが禁止されていることもあります。

持ち込み料もスタジオごとに対応が違う部分なので、必ず確認してくださいね。スタジオによっては、ブーケ持ち込みだけで10,000円の持ち込み料が発生します。

生花?造花?前撮り用ブーケにおすすめの素材はなにか

花材選び

ウェディングブーケに使われる素材は主に「生花」「造花」「プリザーブドフラワー」「ドライフラワー」の4つ。

この中で前撮り用ブーケに一番おすすめな素材は、造花です。造花ブーケには、たくさんのメリットがあります。

  • 値段が安い
  • 挙式や披露宴で使いまわせるので、ブーケ代を抑えられる
  • 頑丈で扱いがラク
  • 真夏やビーチなどでもブーケが痛まない

造花と聞くと安っぽいイメージもありますが、最近では「アーティフィシャルフラワー」「シルクフラワー」と呼ばれる本物そっくりの造花も販売されています。

写真で見る分には、ほとんど生花との見分けがつかないので、前撮り用ブーケにぴったりなんですよ。

ドライフラワーのブーケも「安く」「使いまわせて」「しおれない」ため、前撮り用ブーケに向いていますが、造花より壊れやすいので扱いに注意が必要です。

ウェディングブーケにかかる値段相場

前撮り用ブーケの費用

ブーケを用意する場合、最初に気になるのが費用についてでしょう。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、ブーケ1個あたりの価格は平均3.1万円です。なお同調査によると、素材ごとに値段がかなり異なります。

【ブーケ1個あたりの平均費用】

  • 生花…4.0万円
  • 造花…1.4万円
  • プリザーブドフラワー…2.0万円

手作り・レンタル・購入。前撮りブーケを安く用意できるのはどれ?

ブーケの用意方法は3種類あるとご紹介しましたが、とにかく安くブーケを用意したいなら、手作りするのがおすすめです!100均の造花だけ使うなら、2,000円以下で作ることも可能です。

レンタルの場合は5,000~7,000円の価格帯が一般的。高いお店だと9,000円くらいします。

購入する場合も、安いものなら5,000円程度でブーケを買えます。ただし5,000円台の商品は少ないので、選択肢を増やすなら8,000円くらいの予算があるといいでしょう。

前撮りブーケの準備方法①手作りする

ブーケを作る

費用節約のために、ウェディングブーケを手作りする花嫁さんもいますよね。

自分でブーケを作るときにありがちな疑問について解説します。

手作りする場合、何円くらいでブーケを作れるの?

全て100均の造花で作れば、2,000円以下でウェディングブーケを作ることも可能です。アーティフィシャルフラワーを使う場合も、100均の造花を上手に使えば5,000円程度で作ることができます。

ただしDIYに慣れていないと作成に時間がかかってしまうかも

またラウンドブーケは、バランスのいい形にするのが大変です。不器用な花嫁さんは花を束ねるだけのクラッチブーケにするのがオススメ。

造花・ドライフラワーはどこで購入すればいい?【お花屋さん3選】

造花やドライフラワーは100均でも購入できますが、お花の種類や品質にこだわる場合は、専門のフラワーショップを利用しましょう。

なおドライフラワーは繊細なため、通販をしていないお店が多いです。花材を探すときは実店舗へ行くのがおすすめですよ。

■east side tokyo(イーストサイドトーキョー)

高品質の造花を問屋価格で買えるお店です。バラ1本150円~で購入できます。

■はなどんやアソシエ

扱っている造花の数が豊富で、イメージ通りのお花を探しやすいフラワーショップです。価格はバラ1本70円~。

■Tida Flower

東京都渋谷区の表参道にある、ドライフラワー専門店です。バラなどの定番商品はもちろん、ヤグルマソウといったちょっと珍しいお花なども扱っています。

ブーケの大きさはどうやって決めればいい?体型別のサイズ感

自分でウェディングブーケを作る場合、大きさも悩むポイントのひとつです。

おおざっぱに言うと、自分の体型と似たようなサイズ感&ボリューム感にすると、チグハグな印象になりません。

【体型別 ブーケのサイズ感】

  • 高身長さん…ボリューミーなブーケ、縦長のブーケ
  • 低身長さん…小さめのブーケ
  • 細身さん…すっきりしたブーケ、小さめのブーケ
  • ぽっちゃりさん…大きめなブーケ

【おすすめのブーケデザイン】

  • 高身長さん…キャスケードブーケ、クラッチブーケ
  • 低身長さん…ラウンドブーケ、 バッグブーケ
  • 細身さん…ラウンドブーケ、アームブーケ
  • ぽっちゃりさん…オーバルブーケ、クラッチブーケ

衣装とのバランスや、撮りたい写真の雰囲気も考えながらチョイスしてくださいね。

前撮りブーケの準備方法②外部でレンタルする

ピンクのウェディングブーケ

  • ブーケ探しが面倒
  • センスがないから、手作りしたくない
  • リーズナブルでも、小さかったり安っぽかったりするブーケは嫌
  • キャスケードブーケのような豪華なブーケを、安く手に入れたい

など、とにかく楽に高品質なブーケを見つけたいなら、ネットレンタルを利用してみては?

たいていのショップでは、ブーケ&ブートニアのセットを10,000円以下でレンタルできますよ。

10,000円未満でブーケレンタルできるお花屋さん3選

低価格で可愛いブーケを借りられるフラワーショップを集めました。

■ALLER LIEBST(アラー・リープスト)
ブーケの種類が豊富です。色・形で絞り込めるので、簡単にイメージ通りのブーケを探せます。費用目安は5,000円~7,000円。

■Litty.cc(リティドットココ)
アンティークカラーが可愛い、ナチュラル系のブーケを借りられます。料金は7,000円(キャンペーン適用時)です。

■ハマの花や
和装用のボールブーケに特化したレンタルショップです。ブーケのみの場合、5,000円ほどでレンタルできます。

前撮りブーケの準備方法③購入する

ブーケ

先ほど紹介したように、ブーケ1個あたりの平均価格は3.1万円。比較的安い造花ブーケも平均で1.4万円と、かなり高額です。

ただし価格帯には結構バラツキがあるので、安いものなら5,000円台で入手できるんです。

「手作りは面倒」「レンタルもいいけど、もっと費用を抑えたい」と思う花嫁さんは、ブーケを購入してしまいましょう。たとえば6,000円以下でも、こんなブーケが買えますよ。

5,000円台のブーケ

【価格:5,980円】
優しいオフホワイトが素敵な、ドライフラワーとハンドメイドフラワーを組み合わせたブーケです。
清楚な雰囲気のブーケは、花嫁姿をきれいにまとめてくれそうです。

AUBE2018(minne) >>ブーケ詳細

5,000円台のブーケ

【価格:5,500円】
最近人気を集めているプロテアというお花を使った、ドライフラワーブーケです。
ナチュラル系のデザインは、どんな衣装にも似合うでしょう。

Flower Veil (minne) >>ブーケ詳細

5,000円台のブーケ

【価格:5,300円】
こちらはアーティフィシャルフラワーでできたブーケです。
ホワイト×ピンクのラウンドブーケは、結婚式の定番!このブーケを持てば、愛らしい花嫁姿になりそうです。

ほうき星☆(Creema) >>ブーケ詳細

和装でも諦めない!和服に似合うブーケのデザイン

和装に似合うブーケ

デザインや色使いに気を付ければ、和装によく似合うブーケを用意できます。

おすすめ1:ボールブーケ

その名の通りボールブーケは球形で、毬のような見た目をしているため、和装にもよく合います。和の雰囲気に合わせて、を使うのが一般的です。

メインカラーは着物と同じ色にすると、ブーケだけ不自然に浮く、なんてことが起きません。白無垢の場合は、赤やグリーンをメインにしてもいいでしょう。

おすすめ2:クラッチブーケ

クラッチブーケはナチュラルな雰囲気に仕上げやすく、衣装を選ばず使えます

よく使われるお花はパンパスグラス、コチョウラン、ラナンキュラスなど。衣装や写真の雰囲気にもよりますが、ユリやプロテアといった、個性のあるお花も似合います。

使うお花は、アースカラーでまとめると失敗しにくいです。

まとめ

  • 前撮りのときも、ウェディングブーケはあったほうがいい
  • スタジオから無料レンタルも可能
  • あらかじめ「ブーケ持ち込み料」について確認しよう
  • 手作りするなら、造花かドライフラワーを使うのがおすすめ
  • 自分の体型と似たようなサイズ感&ボリューム感のブーケを持つと、しっくりくる
  • ネットレンタルなら、手間なく高品質なブーケを準備できる
  • 和装でも、映えるブーケは用意できる

結婚式の前撮り・フォトウェディングで使うウェディングブーケについてまとめました。

小物とはいえ、ウェディングブーケは写真の印象を変える大事なアイテムです。

衣装だけではなく、ブーケにもこだわって、素敵な1枚を撮りましょう!

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】