本格シェービングとソフトシェービング

ブライダルエステの人気ケアの1つ「ブライダルシェービング」。

実はブライダルシェービングは、「ソフトシェービング」と「本格シェービング」の2種類の施術方法があり、それぞれ対応できるお店や効果が異なります。

このコラムでは、2つのシェービングについて違いを徹底解説!どちらが自分に合っているか、かしこく選んでくださいね。

ソフトシェービング(電気シェーバー)

電気シェーバーを使用したシェービング(ソフトシェービング)

ソフトシェービングとは、電気シェーバーを使用して産毛を剃る方法のことをいいます。

電気屋さんやドラッグストアなどでも手に入る、市販の電気シェーバーが使われます。

ソフトシェービングをするための資格や免許などは特にないので、誰でも行える施術です。

メリット(効果)

ソフトシェービングはお肌への負担が少ないのがメリット。(※)

電気シェーバーは肌に直接刃先が当たらないので、優しく表面の産毛だけを剃ることができるんです。

剃刀負けしやすい、敏感肌の方はソフトシェービングがおすすめです。

またブライダルエステメニューを用意しているエステサロンであれば、だいたいどのお店でも施術を受けられるのもポイントです。

(※)施術時にはクリームなどを塗布せず、乾いたお肌の状態でシェーバーを当てるので、お肌の乾燥がひどい場合は荒れる可能性があります。

デメリット

ソフトシェービングのデメリットは、すぐに毛が生えてきてしまうことです。

電気シェーバーの刃が直接肌に当たらない分、根元から毛を剃ることはできません。

美容効果も特にありませんので、「表面の毛が見えなくなればOK!」という人向けといえるでしょう。

またソフトシェービングは資格や免許が必要ないのも、ある意味デメリットでもあります。

たとえば、うなじシェービングの場合、襟足の生え際に沿って「M字」になるように剃ると首が長く見えて美しいとされています。

理容店やシェービング専門店などでは、この形に仕上げてもらえます。

襟足シェービング

ひとりひとりで襟足の生え方が異なるので、きれいな形に剃るのはとても難しく、まさにプロにしかできない技術!

きれいなうなじの形を知らず、技術が浅い人が襟足のシェービングをすると、不自然な形のうなじになってしまうことがあるんです。

担当する人の技術によっては、仕上がりに満足できない可能性があります。

また市販で買えるアイテム、しかも免許が必要ないので、わざわざサロンで行う必要があるの?という意見も多いです。

ソフトシェービングまとめ

ソフトシェービングのメリット・デメリット

ブライダルシェービングといえば、剃刀使用の本格シェービングを受ける方が多いですが、ソフトシェービングがダメということではありません。

お肌が弱い、脱毛をしていて毛が少ない、シェービングよりもエステをメインでやりたい、という方にはとってもおすすめですよ。

本格シェービング(カミソリ)

剃刀を使用した本格シェービング

本格シェービングとは、剃刀を使用して行うシェービングのことをいいます。レザーシェービングとも呼ばれます。

家庭用シェーバーだと安全ガードがついていますが、サロンで使われる剃刀は1枚刃のプロ仕様!毛を根元から剃ることができるので、自分で剃るのとは仕上がりが違います。

ソフトシェービングとは異なり、誰でも行える施術ではありません。施術者は国家資格(理容師免許)を保有した人のみとなります。

しっかりとした技術と美容知識を持っている人が施術を担当してくれるので、安心感が違いますね。

メリット(効果)

本格シェービングは、産毛を根元からしっかりと剃ることができます。

そのためシェービングの持続期間がセルフシェービングよりも長く、お肌のすべすべ感が1週間程度は持続します。(個人差あり)

また毛を剃るだけじゃなく、角質除去による美肌効果に高い期待ができるのが大きなポイント!

お肌は角質が重なった「角質層」で構成されており、ターンオーバーによって内側から外側(肌表面)へ押し上げられて、入れ替わっていきます。

お肌のターンオーバー

通常は、いちばん外側の角質は自然に剥がれ落ちますが、ターンオーバーが乱れるといつまでもお肌表面に留まり、「くすみ」「ざらつき」「毛穴詰まり」などを引き起こします。

本格シェービングは、肌表面に留まった不要な角質を落とすことが可能!

肌のトーンアップ、ざらつきの解消、ニキビ予防など、お肌にうれしい美容効果に期待ができますよ。

デメリット

本格シェービングのデメリットは、肌荒れの心配があること。

赤み、ブツブツ、痒みなど、カミソリ負けしてしまう可能性があります。

施術前はホットスチームやホットタオルを当てて肌を柔らかくし、たっぷりの泡やクリームを塗布してソフトタッチでシェービングしますが、それでも肌荒れしてしまう人もいます。

結婚式に向けてシェービングをするなら、1ヶ月以上前にお試し体験をしておいて、お肌状態の確認をしておくと安心です。直前しか施術を受けられない人も、前日は避けましょう。

また施術後はお肌が敏感になり、乾燥しやすい状態になっています。お家での保湿ケアは、いつも以上にたっぷり行いましょう。

【関連記事】
ブライダルシェービングで「肌荒れ・カミソリ負け」?後悔しない対処法!

本格シェービングまとめ

本格シェービングのメリット・デメリット

角質除去による美肌効果に期待が持てる、本格シェービング。

本格シェービングだけで、フェイシャルエステを受けたような質感を得ることも可能なので、「ブライダル美容は必要最低限でOK」という人にもおすすめです。

\全国の人気シェービングサロンを厳選!/
ブライダルシェービングを探す
ブライダルシェービングコース特集はこちら

ブライダルシェービングをいつするか?時期の違い

ブライダルシェービングは何日前?

ソフトシェービングは肌荒れしにくいので、結婚式直前でもOK!

毛がすぐに伸びてしまうので、前日や2日前に行うのがオススメです。

一方本格シェービングは、人によっては剃刀負けをしてしまいます。

挙式直前に初めて行うのは避けて、1ヶ月以上前にお試し体験シェービングを受けておいてお肌状態をチェックしましょう。

そのうえで、挙式の7日前~3日前に本番のブライダルシェービングを行うのが基本です。

本格シェービングの効果の持続期間は、こちらのコラム↓↓で詳しく解説しています。ぜひご覧くださいね。

【関連記事】
ブライダルシェービングの効果と持続期間は?体験して確かめました

理容店とエステサロンのシェービングの違い

床屋(理容店)

理容店(床屋)とエステサロンのシェービングの違いは、施術方法と内容です。

まず施術方法ですが、床屋さん(理容店)やシェービング専門店では、本格シェービングを行っています。

すでにご紹介した通り、本格シェービングを行うには国家資格(理容師免許)が必要。

資格を持たないエステサロンは、剃刀の使用ができないため、ソフトシェービングでの対応になります。

ちなみに美容師免許と理容師免許は異なるため、美容院ではシェービングを受けられません。

そして施術内容ですが、理容店のシェービングプランは基本的に「剃るだけ」です。

小顔マッサージやパックなどのエステを行わず、シェービングと最低限の保湿ケアしか含まれていません。

一方エステサロンやシェービング専門店のプランは、リンパマッサージや肌質別パック、毛穴吸引などの美肌エステとセットになっていることが多いです。

シェービングとエステをセットで行うことで、お肌に栄養と水分がぐんぐんしみこみ、より高い美肌効果に期待ができますよ。

\全国の人気シェービングサロンを厳選!/
ブライダルシェービングを探す
ブライダルシェービングコース特集はこちら

ブライダルシェービングの料金の違い

  • 理容店:5,000~10,000円
  • シェービングサロン:20,000~30,000円
  • エステサロン:20,000~30,000円

※1dayプランの料金目安です

ブライダルシェービングは、理容店(床屋)で行う本格シェービングのほうが料金が安いです。

理容店のシェービングが安い理由は、基本的なプラン内容が「剃るだけ」だから。

シェービングに特化しているからこそ、格安料金で施術が受けられるんです。

また理容店の場合、完全個室ではなく、半個室やついたて(カーテンの仕切り)だけのことも多く、設備費がかかっていないのも低価格で提供できる理由のひとつです。

エステサロンやシェービング専門店のプランは、美肌エステとセットになっていることが多いため、やや高額になります。(ソフトシェービングも、本格シェービングも。)

さらにエステサロンの挙式直前用1dayプランの場合、シェービング・美肌エステ・スリミングエステなど、内容がとっても充実しているので、3万円近くなることもあります。

〈剃刀vs電気シェーバー〉ブライダルシェービングの種類比較表

ソフトシェービング本格シェービング
施術方法市販の電気シェーバープロ専用一枚刃カミソリ
施術者免許なし国家資格保有者
美肌効果特になし角質除去による美肌効果あり!
つるつる持続期間短い(すぐ毛が生える)長い(個人差はあるが1週間程度)
肌荒れリスク少ない剃刀負けのリスクあり
施術時期挙式2日前~前日挙式7日前~3日前
料金(1day)2~3万円(エステサロンの場合)5千~1万円(理容店の場合)

ソフトシェービングと本格シェービングの違いについて、いろいろな視点で比較してきました。

こっちがいい!こっちはダメ!などの決まりは、もちろんありません。

自身のお肌状態、毛の生え具合、挙式までの日数などによって最適な方法を選んでくださいね。

\全国の人気シェービングサロンを厳選!/
ブライダルシェービングを探す
ブライダルシェービングコース特集はこちら

ちなみに、毛量が多く毛が濃い方は、ソフトシェービングでも本格シェービングでも、毛がすぐに伸びてきてしまうでしょう。

もし結婚式までに1か月以上の時間があるなら、ブライダル脱毛を行って、あらかじめ毛量を減らしておけばシェービング効果も長続きしますよ。

【関連記事】
結婚式前にブライダル脱毛は必要?通う時期の目安と注意点