リングボーイの衣装は海外の男の子を参考に!おしゃれなコーデ集

リングボーイの衣装は海外の男の子を参考に!おしゃれなコーデ集

リングボーイとは?海外では定番のほっこり演出!

リングボーイ(Ring Boy)とは挙式の際に、リングピローに載せた結婚指輪を花婿のもとへ運ぶ男の子のこと。

男女の差なく結婚指輪を運ぶ子どものことを『リングベアラー (Ring Bearer)』と呼ぶこともあり、女の子が行う場合は一般的に『リングガール (Ring Girl)』と呼びます。

フラワーガール、フラッグボーイなども。何歳の子供に頼む?

海外では『フラワーガール 』とともに挙式の定番の演出で、ゲストも思わずほっこりしてしまう演出のひとつ♩

結婚指輪を運ぶのが役割ですが、小さな子どもなので、歩いているうちに指輪を落としてしまう、なんてことも…。

そういったことを防ぐため、実際にはフェイクの指輪を持たせ、本物の指輪は神父や司会者に預けておくと安心。

一般的に4歳から10歳の男の子にお願いしますが、もっと小さな子にお願いする場合は兄弟などで手を繋いで入場してもらってもカワイイですよ◎

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Katie Arbogast Stubbsさん(@59andbluebellevents)がシェアした投稿 -

リングボーイの服装(衣装)のマナーは?

男の子の正装といえば、タキシード。

しかし小さな男の子の場合、大人ほど厳しい服装のマナーはありません。

結婚式の雰囲気に合うフォーマル感があるものであれば、必ずしもタキシードでがっちり固めなくてもOK!

長時間慣れない服を着ることになるので、特に小さな子の場合は着心地の良いものを選んであげましょう。

髪型をワックスで整えてあげるときちんと感が出るので、少しカジュアルな格好でもビシッと決まってGOOD!

新郎のような白タキシードがかっこいい!

まるで小さな新郎のような白タキシードは、挙式の雰囲気にもぴったり♩

新郎も白のタキシードのときにぜひ取り入れたいコーディネートですね。

ただし食事などで汚れてしまう可能性が高いので、レンタルの場合などは要注意!