夫婦2人の生活費っていくらぐらいが普通?

夫婦2人の生活費っていくらぐらいが普通?

いよいよ楽しい新生活。

独身時代と大きく変わるのが、お金の管理。お金のやりくり事情は、友達でもなかなか聞けない人もいるのでは?

生活費や貯金、夫のお小遣いは、みんなどうしているの?ということを調べてみました。

新婚生活の、生活費の内訳は?

<1ヵ月あたりの生活費 平均額>
生活費 22.0万円(総額)
 住宅費 7.9万円
 食費 4.1万円
 光熱費・通信費2.2万円
 保険料 2.2万円
 服・理容 1.6万円
 交際費・趣味 2.6万円
 その他 2.9万円

<1年あたりの平均貯金>
129.4万円(9万円/月)

<結婚式後の平均残高>
304.0万円

(ゼクシィ新生活準備調査2016 報告書より)

固定費を抑えて、楽しみに使うお金を増やそう

住宅費・車のローン・光熱費・通信費・保険料など、何もしなくても毎月出ていくお金を固定費といいます。

固定費を抑えられれば、彼との楽しみに使えるお金が増えますね!

たとえば、「憧れのマイホームはいったん我慢して、通勤で便利なところに賃貸を借り、その分車はもたない」など、固定費の少ない生活を楽しむのも良いでしょう。

家を買った場合、ローン以外にも月3万前後が必要

たとえば、都内でマンションを購入したときは、住宅ローンのほかに固定資産税・管理費などで月3万円前後のお金が出て行ってしまいます。

戸建てでは固定資産税・修繕費で月1~2万程度。また火災・地震保険で、月4,000円程度の支出もあります。

ローン以外にも出ていくお金も考え、自分たちにあったライフプランを検討するようにしましょう。

スマホアプリで、かしこく家計簿管理

固定費以外の支出を把握するために、いちいち手帳に家計簿をつけるのは面倒ですよね。

スマホの家計簿アプリ「Zaim」を使えば、レシートをピッと読み取るだけで、簡単に一か月の支出を把握できます。

支出のバランスがわかるので、節約できるポイントを把握でき、貯蓄の手助けになってくれます。

夫のおこづかいはいくらが普通?

妻が家計を管理する場合、夫のおこづかいはいくらにしたらよいかは、はじめに悩むところですよね。

1ヶ月の夫のおこづかいの平均は、35,947円です(ソフトブレーン・フィールド(株)「夫のお小遣い実態調査」2013より)。

昼食代込の平均額は45,555円、お弁当を持参するなどの昼食代別の平均額は28,315円です。だいたい2~5万円が多いようですね。

 

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】