結婚式の支払いはクレジットカードで!限度額は足りている?引き上げ方

結婚式の支払いはクレジットカードで!限度額は足りている?引き上げ方

日々の買い物でよく使う、クレジットカード。現金を持っていなくても買い物ができ、ポイントが貯まるので、とても便利でお得ですね。

結婚式の支払いでも、クレジットカードを使うことができます。(式場によっては不可)

ところが結婚式では、日常的な買い物とは桁違いの額が動くので、カードの限度額が足りないかもしれません。

そんな時便利なのが、クレジットカードの限度額を一時的に引き上げる方法。限度額の引き上げ方や、注意点を紹介します。

[おさらい]結婚式費用の支払い方法とタイミング

ウェディングプラン

まず結婚式費用に支払いについて確認しておきましょう。

結婚式場への支払い方法は、次の3つです。式場によって異なるので、見積もりをもらった時点で必ず確認をしましょう。

  1. 現金払い(銀行振込)
  2. クレジットカード払い
  3. ローン払い

また最近では、ペイペイなどのキャッシュレス決済に対応している式場も、ほんの一部ですがあるようです。

支払いはいつ?タイミング

結婚式の費用総額は、平均377.9万円と非常に高額。(「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」より)。

高額な結婚式費用を一括で支払うわけではなく、内金・中間金・最終支払いというように、段階的に行われるのが一般的です。

おおよそ三段階ある結婚式の支払いのなかでも、最終支払いで必要になる金額が、最も大きくなります。100万円から300万円程度といった大きな金額を一度に支払うことになります。

最終支払いの時期は、以下のいずれかのタイミングになります。

    1. 前払い…結婚式の1ヶ月前~1週間前までに決済(これが最も一般的)
    2. 結婚式当日払い披露宴が終わった後に支払う
    3. 後払い…披露宴の翌日以降に支払う

2と3は、ご祝儀を支払いに充てることができるのが、大きなメリットです。

【関連記事】こちらもCheck!

結婚式費用をクレジットカードで払うメリット&デメリット

クレカと書類

高額な結婚費用をクレジットカードで支払う場合、次のようなメリットやデメリットがあります。

メリット1.支払い(引き落とし)が結婚式の翌月以降になる

クレジットカード払いにすると、結婚式場との決済後、自分の口座から引き落とされるまでに、一定の時間があきます。

結婚式でいただいたご祝儀を、引き落とし期日までに口座に入金しておけば、支払いに充てることができるのです。

結婚資金が少なく、ご祝儀をあてにしている新郎新婦には、クレジットカード払いがオススメの支払い方法といえます。

メリット2.ポイントやマイルが、たくさんたまる

結婚式の費用は高額なので、クレジットカード払いにすれば、ポイントやマイルをたくさん貯めることができます。

例えばポイント還元率1%のカードなら、結婚式費用300万円の支払いで、3万円分のポイントが戻ってくることになります。

結婚式前後は本当にお金がかかるので、数万円分のポイントやマイルはとてもありがたいですね。

デメリットは、会場の選択肢が減ること

キャッシュレスが進んでいるものの、すべての結婚式場でクレジットカードが使えるわけではありません。

クレジットカード払いがマストのカップルは、会場の選択肢が限られてしまう可能性もあるでしょう。

「あれ?支払えない…」クレジットカードの限度額とは?

カードエラー

結婚式費用をカード払いする時、気になるのが自分のカードで数百万円もの大金を払えるかどうか、ということ。

クレジットカードには、契約者ごとに利用限度額が設定されています。主に以下の条件で、クレジットカードの利用限度額は人によって異なります。

  • カードのステータス(一般、ゴールド、プラチナなど)※
  • 契約者の収入
  • カードの利用実績
  • 信用情報(支払いの延滞有無など)

豆知識!
クレジットカードのステータス別、利用限度額の目安

  • 一般カード…10万円~100万円
  • 年会費が安いゴールドカード…10万円~100万円
  • ゴールドカード…10万円~300万円

まずは自分の利用限度額を確かめよう

クレジットカード払いにするなら、まずは自分の限度額を調べてみる必要があります。

限度額は毎月送られてくる利用明細書に記載されていたり、Web上でチェックできたりします。

足りない場合は、一時的な限度額を引き上げが可能

結婚費用は高額なので、現時点の利用枠では足りない場合があります。

結婚式や海外旅行など、支払い目的や決済日が明確な場合、カード会社に申請すれば一時的に利用限度額を引き上げてもらうことができます。

なお一定期間を過ぎれば、限度額はもとの金額に自動的に戻ります。

なお限度額を引き上げる時は、基本的に1回払いが対象になります。限度額の引き上げをして、さらに結婚式費用を分割払いにすることはできません。

利用者数が多い人気クレジットカードの、限度額の引き上げ方法については、記事後半でご紹介します。

(補足)利用限度額=ショッピング枠+キャッシング枠ではない!

すこし余談になりますが、カードの利用明細書には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の記載がありますが、利用限度額はこの二つを合わせた額ではありません。

結婚費用の支払いに、カードキャッシング(借り入れ)利用をしたい人は注意が必要です。

●ショッピング枠
普段の買い物で利用できる金額の上限(限度額)のこと。

●キャッシング枠
お金が足りないときに借り入れができる金額の上限(限度額)のこと。

お金を借りるためのキャッシング枠は、ショッピング枠内に設定されているものなのです。

例えばショッピング枠100万円、キャッシング枠30万円の場合、利用限度額は130万円ではなく、100万円(=ショッピング枠の限度額)。

100万円では限度額が足りないから、キャッシング枠で30万円借りて、合計130万円で結婚式費用の支払いをしよう!という使い方はできません。

結婚式費用の支払いをカードで。一時的な限度額引き上げの注意点

クレカの手続き

結婚式の支払いでクレジットカードを使用する際に、一時的に利用限度額引き上げる時の注意点をまとめました。

限度額引き上げには、審査や金額の上限がある

利用限度額の引き上げ申請をすると、クレジットカード会社が審査を行います。

過去の支払い状況や、返済能力があるかなどが審査のポイント。年収を証明する書類の提出を求められることもあります。

また引き上げ額にも上限があったり、申請自体が通らないこともあります。

審査期間は1日~3週間程度で、クレジットカード会社によってさまざま。審査にとおると、書面やメールで連絡が来ます。

引き上げ額は、その月の利用合計額で申請

利用限度額の増額は、もともとの限度額に加算されるものではありません。

引き上げ額の申請は、期間中に実際に利用する金額の「合計」で申し込むのが基本です。

たとえば、もともとの限度額が100万円の場合…。

  • 結婚費用:300万円
  • ハネムーン費用:50万
  • その他の生活費で:10万円

など、合計360万円が必要だとします。

この時、もともとの利用枠が100万円だからといって、360万-100万=260万円の引き上げを申請するのは間違い。

最低360万円の引き上げ申請をするのが正解です。

結婚式をクレジットカード払いにする!いつまでに限度額引き上げをすべき?申請時期に要注意!

スケジュール

限度額引き上げの審査は長いと3週間程度かかるので、結婚式場への支払い日に間に合うよう、逆算して申請をしなくてはいけません。

結婚式費用の最終支払い日が確定したら、余裕をもって、支払日の1ヶ月前くらいには引き上げ申請を済ませておきましょう。

なおカード会社によっては「利用日の1ヶ月前~1週間前まで」と申し込み期限が決まっているところもあります。

結婚式支払いで、クレカの限度額を引き上げるときの流れ

【挙式2ヶ月前】
自分のクレジットカードの限度額を調べる。

【挙式1ヶ月前】
結婚費用の最終見積もり額と、支払い日を把握。限度額の引き上げ申請をする。

【挙式1週間前】
審査を経て、引き上げ可否の通知が来る。結婚式費用をカードで支払う。

【結婚式当日!】

【結婚式翌月】
口座から、お金が引き落とされる。自動的に、引き上げ前の限度額に戻る

人気のクレジットカード別!一時限度額引き上げ方法

クレジットカード

利用者数の多い人気クレジットカードの、一時的な限度額引き上げの方法を紹介します。

楽天カード

  • 手続き方法: 会員Webページ(楽天e-NAVI)
  • 上限額:会員ステータスによって異なる(※)
  • 申し込み期限(いつまでに):利用日の2日以上前(期限はないが、審査には2日程度かかる)
  • 公式サイトはこちら>

※シルバー会員なら10万円単位で200万円まで引き上げ可能

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)

  • 手続き方法:電話
  • 上限額:契約者ごとに異なる(※)
  • 申し込み期限(いつまでに):利用日の2週間以上前(期限はないが、審査や手続きに2週間程度かかる)
  • 公式サイトはこちら>

※アメックスの限度額引き上げには、審査を受けるほか、カード会社から指定された口座にカード払いしたい金額を先に振り込み、その金額内で決済する方法がある(事前入金)。事前入金は手間がかかるものの、利用額の振り込みさえできれば上限は無く、カード使用分のポイントが貯まるメリットがある。

三井住友カード

  • 手続き方法:電話、会員Webページ(Vpass)
  • 上限額:会員ステータスによって異なる
  • 申し込み期限(いつまでに):利用日の1ヶ月前~1週間前まで
  • 公式サイトはこちら>

JCBカード

  • 手続き方法:電話か会員Webページ(MyJCB)から
  • 上限額:500万円(Web申込時。電話の場合は上限なし)
  • 申し込み期限(いつまでに):利用日の4日以上前(期限はないが、審査は即日から4日程度かかる)
  • 公式サイトはこちら>

オリコカード

  • 手続き方法:会員Webページ(eオリコサービス)、郵送(※)
  • 上限額:100万円まで(Web申込時)
  • 申し込み期限(いつまでに):3週間以上前(期限はないが、手続きに1~3週間程度かかる)
  • 公式サイトはこちら>

※オリコカードは、一時的な限度額の引き上げ制度がないので、一度継続引き上げを行い、必要に応じて減額する。

イオンカード

  • 手続き方法:会員Webページ(暮らしのマネーサイト)、電話
  • 上限額:100万円まで(Web申込時)それ以上は、要電話
  • 申し込み期限(いつまでに):3週間以上前(期限はないが、審査や手続きに2~3週間かかる)
  • 公式サイトはこちら>

エポスカード

  • 手続き方法:会員Webページ(エポスNet)
  • 上限額:ブライダルの場合は400万円まで
  • 申し込み期限(いつまでに):利用日の1ヶ月~1週間前まで
  • 公式サイトはこちら>

ビューカード

  • 手続き方法:電話
  • 上限額:会員ステータスにより異なる
  • 申し込み期限:利用予定日の2週間前から受付
  • 公式サイトはこちら>

限度額の引き上げができない!結婚式費用の支払いはどうする?

財布を開く人

これまでにカード支払いを延滞していた、収入が低いなどの理由で、限度額の引き上げ審査が通らない、もしくは希望の額に満たないこともあります。

その場合は以下の方法を検討しましょう。

複数のクレジットカードを使って支払う

たとえば200万円の支払いが必要なら、限度額100万円のカードを2枚使って払います。

なお2枚以上での支払いが可能かどうかは、会場に事前確認が必要です。

ブライダルローンを組む

ブライダルローンとは、結婚式資金のためのローン(借金)のことです。審査に通れば、低い金利でローンを組むことができます。

ご祝儀を使って一括払いで返済すれば、利息を抑えることも可能。

【関連記事】こちらもCheck!

まとめ

  • 結婚式費用をクレジットカードで支払うと、ご祝儀を支払いに使える、ポイントがざくざく溜まる
  • クレジットカードの利用限度額は、一時的に引き上げることができる
  • 限度額引き上げには審査が必要で、3週間程度かかることもある
  • 限度額引き上げが出来ない場合、ブライダルローンに選択肢に加えてみよう

結婚式の費用は高額なので、クレジットカードの限度額引き上げはとても便利ですね。

ポイントやマイルが貯まるという、うれしいおまけも付きます。

ただ手続きには時間がかかるので、結婚式までのスケジュールを把握し、余裕をもって準備してくださいね。