結婚式の席次表はなしでもOK?代わりのアイディアを紹介

結婚式の席次表はなしでもOK?代わりのアイディアを紹介

披露宴でゲストに配る席次表。

「席次表は絶対に必要?」「無しにしたら節約になるかも…」と考えている新郎新婦もいるでしょう。

そこでここでは、席次表とは何のために用意するのか、本当に必要かどうかを解説。

席次表の代わりになるアイディアも紹介します。

また、なしにすれば節約になるかどうか、ほかのペーパーアイテムを省略するのはありか、についても触れています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

披露宴の席次表とは?どうして必要なの?

結婚式の席次表

「席次表」とは、披露宴に招かれたゲストが、自分の席を確認できるように配るペーパーアイテム。

三つ折や四つ折のパンフレット状のものや、簡単な冊子になったタイプが一般的です。

席次表の内容

● 席の場所、会場全体の配置
テーブルレイアウトと、ゲストの名前を明記します。
ゲストが自分の席を見つけやすいように、わかりやすく書く必要があります。

● ゲストの肩書き、新郎新婦との関係
新郎新婦との関係性(先輩・友人・新郎父・新郎母など)がわかるような、肩書きを書きます。
(例:新郎職場上司 ○○○○様 など)

● ゲストへのメッセージ、プロフィール
ゲストの名前に簡単な紹介文が添えられていることも。
(例:いつも悩みを聞いてくれる 頼れる先輩 新郎職場同僚 ○○○○様 など)

● 新郎新婦のプロフィールや写真
新郎新婦の簡単なプロフィールや写真、メッセージが掲載した「プロフィールブック」にするアイディアも。

● メニュー表
披露宴で提供する、食事や飲み物を載せる場合もあります。
席次表やプロフィールブックと一緒にしなくてもOK。

席次表はゲストテーブルの案内のために必要

席次表の最大の役割は、ゲストに自分の席の場所を案内すること。

そのため、ゲストテーブルの配置や席番号を整理した座席案内図は欠かせません。

また、席次表の役割は、単なる座席案内だけではないのです。

席次表には、意外と長く感じられがちなゲストの待ち時間に楽しんでもらう、読み物としての側面も!

ゲストのプロフィールやメニュー表などの内容が全くない席次表だと、「手持ちぶさただった」というゲスト側の声もあるんですよ。

このほか、ゲストのプロフィールが添えられていたことで、ゲスト同士のコミュニケーションのきっかけになったという意見も。

席次表を配りたくない!なしだと非常識?

披露宴テーブル

結婚式費用を節約したい、などの理由で、席次表を配りたくないという新郎新婦もいるでしょう。

席次表はゲストの名前とテーブルナンバーが書かれた「エスコートカード」などで代用が可能。

きちんと座席の案内ができる用意があれば、席次表を配らなくても非常識にはあたりません。

自由席形式、テーブル数が少ない少人数の披露宴などでは、わざわざ席次表を作らないことも。

ただし、読み物やコミュニケーションのきっかけといった役割があるため、席次表がないことをゲストが「なんだか味気ない」と感じる可能性はあります。

アレンジ豊富!席次表の代わりのアイディア

席次表なしの披露宴を計画するときには、代わりのアイディアで、センスよく座席案内をしましょう!

オススメのアイディアを紹介します。

メッセージやギフトを添えて【エスコートカード】

席札を手作り

エスコートカードとは、ゲストの名前とテーブルナンバーが書かれたカードのこと。

受付で渡すほか、ウェルカムフードやプチギフトとセットにして、ゲストに自分で取ってもらうこともできます。

お花を添えたりメッセージを書いたり、リボンで飾ったりと、カードのデザインもアレンジ自在。

席札とお揃いにするのもステキです。

【こちらの記事もオススメです↓】
海外の個性的なエスコートカードアイディアに、ゲストもわくわくしちゃう!

ウェルカムボード兼席次表【シーティングチャート】

額縁インテリア

シーティングチャートとは、披露宴会場の入り口に掲示するタイプの座席案内図のこと。

欧米では席次表よりもメジャーで、日本でも注目度上昇中です!

単に大きな席次表を掲示するだけではなく、ウェルカムボードと兼ねて、アイディアを凝らして飾り付けるのが人気。

  • エスコートカードをガーランド風に吊り下げて掲示する
  • ゲストの写真を使う
  • 地図や路線図風にデザインする
  • 黒板ボードにチョークで描く

など、アイディア次第でいろいろなアレンジが楽しめます。

最近では、席次表をタペストリーに印刷してくれるサービスもあるようですよ。

プロフィールとメニュー表のみ

テーブルをわざわざ案内する必要のない少人数の披露宴では、プロフィールとメニュー表のみの「プロフィールブック(プロフィールパンフレット)」を用意するのがオススメ。

二つ折や三つ折のペーパーに、以下の内容を載せればOK。

  • 新郎新婦のプロフィール
  • メニュー表、ドリンクメニュー
  • ゲストへのお礼メッセージ
  • 新居や連絡先の案内

また、新郎新婦のプロフィールや写真をたっぷり載せた、冊子形式のプロフィールブックを作るのも、最近のトレンド。

この場合は、テーブルに置くタイプのメニュー表を用意するとよさそう。

披露宴の席次表、なしにしたら節約になる?

プロポーズとお金

席次表の値段の相場は、1部300~600円程度。

ゲストの人数分用意すると、数万円から十数万円ほど費用がかかることもあります。

席次表をなしにすれば、この部分は大きく節約できることになりますね。

ちなみにエスコートカードの値段は、1枚100円程度~です。

プロフィールブックも、ページ数や内容、業者によっては100~200円程度で作れることも。

価格比較などをしっかりやれば、代替アイディアを取り入れて、トータルで安く済ませることも可能です。

ただし、手作りなどで式場に持ち込む場合は、持ち込み料がかかることも多く、まったく節約にならないということもあり得ます。

式場で席次表を頼む場合と、エスコートカードなどを持ち込む場合の持ち込み料、どちらが安くなるのかをプランナーに確認しましょう。

本当に必要?その他の結婚式ペーパーアイテム

披露宴テーブル

披露宴で用意する、席札やメニュー表、プロフィールブックなどのペーパーアイテム。

「必要なくない?」という声もちらほら聞こえるけれど、本当に必要?

そう悩む新郎新婦のために、必要なペーパーアイテムと、代用OKなペーパーアイテムを考えてみました!

なくてはならないペーパーアイテム

自由席形式の場合は別として、一般的に「席札」は必須。

席次表やシーティングチャートがあっても、席札がなければ座席を探しづらいので、できるだけ用意したいアイテムですね。

席札のデザインにもこだわりたい!という場合には、「席札ハンカチ」「プチギフトにサンクスタグを付ける」など、ギフト一体型のタイプもありますよ。

代用がきくペーパーアイテム

座札以外は、代用できることがほとんどです。

  • メニュー表
    席次表やエスコートカード、プロフィールパンフレットと一体化できます。
  • プロフィールブック
    席次表にプロフィールを載せることも多く、必須ではないアイテム。
  • 招待状
    親族のみなど少人数なら、メールでもOK。(書面での案内は必須!)
    カジュアルウェディングなら、web招待状もおすすめ。

代用アイディアを取り入れたり組み合わせたりすることで、「個性を出す」「節約する」といったことが可能。

自分たちらしい披露宴にするために、いろいろと検討してみてくださいね。

まとめ:席次表なしのアイディアもステキ!

  • 席次表はゲストに座席案内をするためのペーパーアイテム
  • ゲストの読み物や、コミュニケーションのきっかけといった意味もある
  • 席次表なしでも非常識ではないが味気なく感じられることも
  • 「エスコートカード」「シーティングチャート」など代わりのアイディアを取り入れるのがオススメ

いろいろなアイディアを取り入れれば、席次表なしでもステキな披露宴に。

ふたりらしい形を、見つけてくださいね♪

花嫁さんの注目は?人気の結婚準備記事ランキング!【2020年】