元プランナーからの提案!withコロナでも楽しめるウェディングセレモニーTips

元プランナーからの提案!withコロナでも楽しめるウェディングセレモニーTips

突然やってきたコロナ時代…。

新型コロナウイルス感染拡大第一波 の最中に結婚式を予定していた方は数ヶ月後の収束を願って延期し、落ち着いてきたかと思っていた頃に、第二波の流れがやってきてしまいました。

結婚式をやるべきかどうか、悩む新郎新婦へ

「こんな時に結婚式をやっていいのだろうか」と不安になったり、お二人を想っての「今はやめておいた方がいい」という周囲の言葉 も胸に突き刺さり、悲しくなってしまったり。

結婚式の延期や中止を受け入れたくない、お二人の気持ち。

新郎新婦を心配してしまう、ご親族やご友人の気持ち。

お互いの気持ちが分かっているからこそ、どうするべきなのか悩んでしまいますよね。

本来なら新郎新婦にとっても、ゲストにとっても、楽しみで喜ばしい結婚式。

そんな幸せいっぱいのイベントが新型コロナの影響を受けること になるなんて誰も予想しませんでした。

悩んだ末に、結婚式を延期やキャンセルとした新郎新婦は少なくないと思います。

先が見えない不安に、「もう結婚式はできないのかも」と諦めそうになってしまいますよね。

そんなお二人に向けて、今だからこそのご提案があります。

フォト婚・少人数婚で、結婚式をカタチに残して

結婚式をやらない決断も、お二人やご家族が納得されたことならそれでいいと思うのです。

ただ、「本当はやりたかったのに…」「このまま流れてしまうのかな…」と残念に思われているのなら、ぜひフォトウェディングや少人数の挙式だけでもされることをおすすめします!

結婚すると決めたこと、結婚式をやると決めたことは、結ばれたお二人にとって大切な“決断”だったはず。

その気持ちを、小さくてもいいからカタチにしてほしいと思います。

今のお二人の気持ちを未来に残してほしいのです。

いつか振り返って、一緒に写真を見ながらお話しされる日が絶対に来ます。

「あの時悩んだね」「でも写真撮っておいてよかったね」と。

在宅ワークや外出自粛に伴って、二人で過ごす時間がある今だからこそぴったり息を合わせて、素敵な思い出が作れると思いますよ。

【関連記事】こちらもCheck!

コロナ禍で、フォトウェディングや少人数婚を楽しむためのアイデア

フォトウェディングでは、ハッピーなデザインのマスクやフェイスシールドを撮影アイテムとして使ったり、きれいな空気の自然溢れるスポットで撮影したりすれば、まさに今だからこそ映える写真が撮れそうですね。

また挙式や会食をお考えであれば、ゲストの名前を入れたオリジナルのマスクを席札にしたり、飛沫感染を防ぐアクリル板は素敵に装飾したりすればインテリアの一つになります。

今喜ばれるプチギフトとして、マスクケースや可愛い小瓶に入った消毒ジェルはいかがでしょうか?

今やたくさんの結婚式場やフォトスタジオが感染対策に協力的ですし、ブライダルに携わるプロたちはなによりお二人の想いに寄り添いたいと思っています。

ぜひ相談だけでもされてみてください。

不安なく披露宴ができる日に向けて、お二人一緒にアイテムや映像を作ったり、理想の結婚式について話し合ったりするの、おうち時間の癒しになるのでは?

今だからこそ行う結婚式が、いい思い出になるはず

コロナ禍でのウェディングセレモニーの思い出は、これから続いていくお二人の人生の支えになることと思います。

ぜひ、今だからできること、今だから生まれる優しさや感謝に目を向けてみてください。

選択肢は「結婚式を諦める」ことだけではありません。

幸せいっぱいの新郎新婦のお二人だからこそ、withコロナを楽しむことだってできるはずです。

もちろんまずは、健康第一で。

【関連記事】こちらもCheck!

この記事を書いた人

フリーライター元ウェディングプランナー山本 実希
元ウェディングプランナーです。大学卒業後、式場にて地域ならではの演出や、流行を意識した結婚式をご提案してきました。現在はフリーライターとして経験や趣味を活かしたジャンルで執筆しております。